MANIC STREET PREACHERS 『Everything Must Go』再現ツアー来日公演レポ


UKロック界の重鎮、MANIC STREET PREACHERS(マニック・ストリート・プリーチャーズ)、通称マニックスが日本に帰ってきました。

名盤『エヴリシング・マスト・ゴー』のリリース20周年を記念して行われたアニヴァーサリーツアーの東京公演を11月8日におこないました。その様子をレポートします。

『Everything Must Go』

会場は超満員。オープニングアクトのGRAPEVINEの演奏もあってか、すでに会場は熱気がありました。
img_6190

照明が落とされ、メンバーが登場。観客は大歓声で迎え入れます。『エヴリシング・マスト・ゴー』の全曲再現ライブなので、1曲目はもちろん「Elvis Impersonator: Blackpool Pier」。これぞマニックス!と言わんばかりの疾走感のあるリズム、轟音のギター、声量のすごい歌声で圧倒されます。

続く「A Design for Life」のイントロが始まると、まるでもう、クライマックスだと思うくらい会場が湧きます。

ジェームスが「一緒に歌ってくれ!」と呼びかけると観客は大声で熱唱。

美しいメロディと会場の一体感によって感情が揺さぶられ、すでに涙がこぼれてました。マニックスのライブを見るたびに思うことは、彼らは感情を揺さぶるのがうまいということです。

タイトル曲の「Everything Must Go」では、観客たちが飛び跳ねて、まるで会場全体が揺さぶられているかのような盛り上がりを見せました。

その後も『エヴリシング・マスト・ゴー』の曲順と同じように演奏していきます。

合間のMCではボーカル、ジェームスが絶好調。たくさん笑いもとっていました。
観客から「ありがとう!」と日本語で言われると「You’re welcome.」と返答する場面も。

思い起こすのは20年前、『エヴリシング・マスト・ゴー』がリリースされたとき。
当時、うつ病や自傷行為、ドラッグ、アルコールなど様々な問題を抱えていたギターのリッチーが失踪。悲しみの淵に立たされ、バンド存続の危機とも思える中、その悲しみを原動力に変えてこの『エヴリシング・マスト・ゴー』は世に放たれました。

起死回生の一撃となった本アルバムは、結果として2枚連続全英No.1に輝き、英国の雑誌の表紙見出しでオアシスをさしおいて「King of Rock」とまで言われるほどに。

様々な困難にぶち当たり「世界で一番悲惨なバンド」とも評された彼ら。

しかし、その類まれな音楽の才能によって再起し、UKロック界の重鎮とまで言われるまでになりました。まさに奇跡だと思います。
そして、いま自分はその奇跡を観ているのだ、とライブ中に実感しました。

本公演もまた2部構成なので、『エヴリシング・マスト・ゴー』を一通り演奏したあと、ここから第2部として名曲ぞろいのセトリになります。
ボーカルのジェームスは一切休む暇なく、ずっとあのすごい声量で歌い続けていました。

「You Love Us」、「You Stole the Sun From My Heart」など名曲を数々披露。本当にギターの音色が心地よく、ジェームスの歌声も本当にカッコイイ。特に、轟音のギターがまるで遠い未来まで照らすような希望に満ち溢れた音色で、何度聴いても、いや、永遠に聴いていられるくらい気持ちのよい演奏でした。

もちろんギターだけなく、ベース、ドラム、トランペットなど、すべてのサウンドが合わさり、1つの作品と成していました。
彼らの積み重ねてきた歴史が音楽に表出していました。

最後のほうではボーカルのジェームスがサポートメンバー含めた全メンバーを紹介する場面も。

メンバー全員を褒め言葉で紹介する中、ドラムのショーンのツイ廃っぷりに言及する場面がとくに印象的でした。

最後はもちろん代表曲「Motorcycle Emptiness」。当然のように観客は大合唱。ここまで観客を突き動かせる彼らは天才です。

最高のライブでした。

SET LIST
(『Everything Must Go』全曲再現)
Elvis Impersonator: Blackpool Pier
A Design for Life
Kevin Carter
Enola/Alone
Everything Must Go
Small Black Flowers That Grow in the Sky
The Girl Who Wanted to Be God
Removables
Australia
Interiors (Song for Willem de Kooning)
Further Away
No Surface All Feeling

Stay Beautiful(Acoustic)
Ocean Spray(Acoustic)
You Love Us
You Stole the Sun From My Heart
Walk Me to the Bridge
Your Love Alone Is Not Enough
A Song for Departure
If You Tolerate This Your Children Will Be Next
Born to End
Show Me the Wonder
Motorcycle Emptiness

マニックス
Photo: Mitch Ikeda
マニックス
Photo: Mitch Ikeda
マニックス
Photo: Mitch Ikeda
マニックス
Photo: Mitch Ikeda
マニックス
Photo: Mitch Ikeda
マニックス
Photo: Mitch Ikeda

text:渋木プロテイン

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
  • AndMore!の最新情報をお届けします
  • ツイッターで最速最新情報をお届けします

あわせて読みたい