LOUD PARK 2016 1日目ライブレポート


Aldious

aldious2

ラウドパーク開幕早々にステージに登場したのは、日本のガールズヘヴィメタルバンドAldious(アルディオス)。
嬢メタルで独自のスタイルの確立しているバンドです。なんとラウドパーク初登場です。

綺麗なドレスに身を包んでいながら、頭を振り乱して演奏する姿は、圧巻でした。
演奏中は堂々としていたのですが、途中のMCでは打って変わって、とても礼儀正しく挨拶をしていました。

「デビューして7年目で、やっとこんなにも素敵なステージに立たせていただけることになってありがとうございます。大阪に住んでいて、ずっと参戦したかったラウドパーク。その初めての参戦がまさかのステージだなんて」と嬉しさを語る一面も。

女性らしいのにカッコいい、惚れ惚れするようなパフォーマンスでした。
海外の、しかも男性の出演アーティストが多い中、日本の、そして女性としての底力を見せつけました。
aldious1

SET LIST
Ultimate Melodious
White Crow
Raise Your Fist
Die for You
Luft
Dominator

Myrath

%e3%83%9f%e3%83%a9%e3%82%b9%ef%bc%92
今回の出演アーティストの中でも一際異彩を放っていたのが、このMyrath(ミラス)。

彼らの音楽スタイルはズバリ「アラビアンロック」。チュニジア出身です。彼らも今回が初来日でした。
ステージが始まると、アラビアンダンサーが登場。今までにない空気が会場に流れ始めます。

演奏が始まると、今までにない独特なアラビアンサウンドに、ギターの美しい音色と、圧倒的な声量のボーカルが合わさり、まるで化学反応を起こしたのような、素晴らしい演奏でした。鳥肌が立ちました。一瞬で心を奪われました。

オーディエンスも完全にMyrathのペースに巻き込まれ、どんどん人が集まってきました。異常なほど会場が熱くなりました。
また、初来日なのに、たくさん日本語を覚えてきてくれていました。

ラストの曲、「Beyond the Stars」を演奏し終わっても拍手は鳴り止まず。
まるでヘッドライナーかのようにアンコールを求め拍手がずっと鳴り響きました。

出演後、Twitterのトレンドになるほど、反響が大きかったです。
今回の出演でファンになった人も多いと思います。

今後の活躍に期待しましょう。
%e3%83%9f%e3%83%a9%e3%82%b9%ef%bc%91
SET LIST
Jasmin

Believer


Get Your Freedom Back

Storm of Lies


Nobody’s Lives


Merciless Times


Beyond the Stars

Exodus

exodus1

スラッシュ・メタルの帝王・Exodus(エクソダス)がラウパに満を持して登場です!
「The Ballad of Leonard and Charles」が流れると会場からは手拍子が。
メンバーが登場すると、大歓声。

曲が始まると、会場はスイッチが入ったかのように大きく揺れ、初っ端からアリーナにはサークルピットができていました。

勢いとパワーが段違。
歪んだ恐ろしい音色とギターの美しい音色が合わさって最高。

「待ってました、これぞラウドパーク!!」といった感じ。
最後の「
Strike of the Beast
」では、これまでで一番大きなサークルが出来上がり、会場は大運動会と化し、観客も大暴れでした。

途中のMCでは、またすぐに東京に戻ってくる、と言ってくれました。
期待しましょう。
exodus2
SET LIST
The Ballad of Leonard and Charles


Blood In, Blood Out


And Then There Were None


Body Harvest


A Lesson in Violence


Blacklist


Bonded by Blood


The Toxic Waltz

Strike of the Beast


Scorpions

%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%82%9a%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%99

この日のヘッドライナーとして、BIG ROCK STAGEに登場したのは、伝説のロックバンド・Scorpions(スコーピオンズ)!

会場いっぱいのオーディエンスに、大きな拍手と共に迎え入れられた彼らは、もう60代後半にもかかわらず、サウンドや声量は衰えを一切見せず、相変わらずのロックなステージを繰り広げました。

これぞロックというサウンド。何十年も貫き続けたそのスタイルは、とにかくかっこいい。もう気づいたら見入ってしまうくらい、彼らはロックを体現していたのです、

中心メンバーであるギターのルドルフは、観客の近くまで行って、ギターを披露。
他のメンバーもライブ中にスティックを何本も観客に投げたりファンサービスがとても素晴らしかったです。

途中では日本語で「荒城の月」を披露。日本のためにわざわざ用意してくれたことに観客は一層大盛り上がり。

その後も次々と名曲を披露。
歓声は鳴り止むことはなく、アンコールへ。

「Still Loving You」の演奏後、思わぬサプライズが。なんと、元メンバーのウリ・ジョン・ロートがステージに登場しました!
アンコール2曲目の「We’ll Burn The Sky」を、ウリ・ジョン・ロートと共に披露。

このサプライズに、観客たちは大興奮でした。

最後の最後まで、ファンサービスを絶え間なくしてくれた彼ら。なんてファン想いのバンドなのでしょうか、80分のライブ予定が、120分となっていました。

ぜひまた日本に来て欲しいです!

SET LIST
Going Out With a Bang
Make It Real
The Zoo
Coast to Coast
Top of the Bill / Steamrock Fever / Speedy’s Coming / Catch Your Train
We Built This House
Delicate Dance
Kojo No Tsuki
Send Me an Angel
Wind of Change
Rock ‘n’ Roll Band
Dynamite
Overkill
Drum Solo
Blackout
Big City Nights

Encore:
Still Loving You
We’ll Burn the Sky(with Uli Jon Roth)
Rock You Like a Hurricane


LOUD PARK 16
2016年10月8日(土)・9日(日)
会場:埼玉 さいたまスーパーアリーナ
<関連リンク>
LOUD PARK 16

text:渋木プロテイン

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
  • AndMore!の最新情報をお届けします
  • ツイッターで最速最新情報をお届けします
フェスティバル カレンダー
SUMMER SONIC 2016 LIVE REPORT

あわせて読みたい