(C)Tim Abbot

『オアシス:スーパーソニック』よりリアムの「シャンペン・スーパーノヴァ」レコーディングシーンが解禁!


リアム&ノエル・ギャラガーが製作総指揮を務め、バンド結成から96年のネブワース・ライヴまでの軌跡を描くオアシス初の長編ドキュメンタリー『オアシス:スーパーソニック』の日本公開まで後3日となる本日、ファンならずとも必見の激レアな本編映像が解禁となった。今回公開された映像は、1995年5月、ロックフィールド・スタジオで行われた「シャンペン・スーパーノヴァ」のレコーディングシーン。
スタジオで歌うリアムを、約90秒ワンショットでとらえた非常に貴重なものだ。

緊張を感じさせずリラックスしたリアムは、ノエルが書いた新曲「シャンペン・スーパーノヴァ」を歌い始める。
プロデューサーのオーウェン・モリスは、オアシスのレコーディングについて「ノエルが曲を1度ギターで弾いて聴かせ、歌詞を渡すとリアムが歌う。ノエルが1度聴いただけでフレージングをチェック」という、ギャラガー兄弟のやり方に「マジかよ すげえ」と感嘆する。なんとリアムは、1度聴いただけなのに、この完璧なボーカルなのだ。
そして「ナイスだ リアム」とノエルのOKが出ると、リアムは「やった!」と、サッカー中継を観にパブに繰り出す。
リアムも当時のレコーディングを「めちゃ楽しい録音だった」と振り返る。「オーウェンは熱い奴だ。いつも火をつけて 燃え上がらせる」と相性の良さを語っている。
こうして、1日1曲のペースで曲を書き編集し、驚異のスピードで名盤「モーニング・グローリー」が完成したのだ。
リアム&ノエルのミュージシャンとしての真価、その片鱗が感じられるこの映像をチェックして、迷わず映画館に急ごう!
 
 
 
本編では「シャンペン・スーパーノヴァ」の他にも、「ロックンロール・スター」「ワンダーウォール」「モーニング・グローリー」ほかバンドの軌跡を語る上で欠かすことの出来ない名曲が20曲以上使われている。
『オアシス:スーパーソニック』は、12月24日(土)、角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開。

<関連リンク>
『オアシス:スーパーソニック』公式サイト

コメントはこちらから

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
  • AndMore!の最新情報をお届けします
  • ツイッターで最速最新情報をお届けします

あわせて読みたい