【洋楽】UKロック好き女子がおすすめするUKバンド9選【入門編】


今回はUKロック入門編として筆者がおすすめするバンドを紹介します。
超大物アーティストから新人まで9組を厳選しました。

securedownload
いつの時代もUKロックバンドは魅力的な方が多くて目が離せないライターのつん子です。夏フェスの出演者が発表され始め、フェスの予定を年間計画の中心にしている筆者はときめきが止まらない!

RADIOHEAD

まずは今年のサマソニヘッドライナーとしても話題のレディオヘッド。アルバムによって曲調が違いますが、個人的に「KID A」はものすごい衝撃を受け、学生時代に最も聴いていたアルバムなのでゴリ押しします。欲を言えば単独公演もしてほしいものです。

suede

デヴィッドボウイのDNAを引き継いでいると言われる、90年代のロックアイコンとしてセンセーショナルなデビューを果たしたスウェード。メンバー脱退、麻薬中毒等を経て制作された新譜「Night Thoughts」の出来栄えは最高なので、是非聴いてみてほしいです。

Oasis

こちらはもはや説明不要、UKロックの代名詞オアシス。筆者は「モーニング・グローリー」を聴いて育ちました。今年で結成25周年となるが、再結成はあるのでしょうか?

Kasabian

インディーロックとエレクトロニカを融合させ中毒性の高いカサビアン。初めて見たライブではすごくキラキラしていて、その迫力に度肝を抜かれたことをよく覚えています。是非とも体感してもらいたいです。

the HEAVY

小栗旬出演「ペプシネックス」CMソング「Same Ol’」で一躍話題となったヘヴィー、実は他にもかっこいい曲がたくさんあります。こちらの曲はなんてソウルフルなんだろうとうっとりしてしまうでしょう。

HOT CHIP

実験的で奇抜な楽曲、パフォーマンスが特徴的なホットチップ。踊れるUKを探していた時期に見つけたバンドです。作品を重ねるごとに洗練されていく印象。エレクトロニカが好きな人はもちろん、そうでない人もハマること間違いなし!

the 1975

「君が寝てる姿が好きなんだ。なぜなら君はとても美しいのにそれに全く気がついていないから。」というやたら長い日本語タイトルがついたアルバムが発売されることでも話題のthe 1975。ロックとポップの配合が絶妙で、UKロック初心者でも聴きやすいでしょう。

metoronomy

4人組エレクトロポップユニット、メトロノミー。どこか懐かしい雰囲気を醸し出す彼らの楽曲はどれも独創的。こちらのMVはミシェルゴンドリーがディレクターを務めたことでも話題になりました。とても楽しそうに演奏するのでライブを観るとハッピーになれます。

daughter

フォーク、アンビエントを兼ね備えた美しい世界観を持つドーター。筆者はジャケットの写真に惹かれて聴いてみたのがきっかけで、アルバム「If You Leave」は寝る前に流したいアルバムの一つとなりました。4月には初の単独来日公演が開催され、ファンとしては嬉しい限りです。

いかがでしたか?言わずと知れた有名どころから、この人もUKだったんだ!というものまで幅広くご紹介しました。気に入っていただけましたら「いいね」お願いします!UKバンド好きが増えますように☆

text:つん子

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
  • AndMore!の最新情報をお届けします
  • ツイッターで最速最新情報をお届けします

あわせて読みたい