2月13日(月)WOWOWで生中継直前! 第59回グラミー賞授賞式について案内役のジョン・カビラにインタビュー


今回の注目すべきところ

ビヨンセ&アデルのようにマルチノミニーも何組かいますし、賞のゆくえはもちろん気になりますよね。
ただそれだけではなく、アメリカのタイトルが「The Biggest Night Of Music」であるように、 過去1年間の音楽シーンを彩ってくれたアーティストたちに最大のリスペクトをこめてお互いを称え合うというのがこのグラミー賞です。
そのアーティストたちが繰り広げるパフォーマンスは、是非生中継でご覧いただきたいですね。
ジョン・レジェンドやメタリカ、そして4度目の出演になるアデル。そういった単体のアーティストのパフォーマンスもさることながら、ここでしか見られないコラボレーションもあります。どのようなマジカルな夜になるのかということに尽きると思います。
あと、今年は司会者がジェームズ・コーデンです。
彼はコメディアン、プロデューサーで、アメリカの人気TV番組「ザ・レイト・レイト・ショー」のトークホストを務める、アメリカで非常に成功している人です。
ということは、「カープール・カラオケ」のパロディ版はマストなのではないでしょうか?誰がどのように出てくるのか、それも注目ポイントのひとつだと思います。

カビラさんにとって、グラミー賞授賞式とは。

間違いなく、世界最大の音楽の祭典でしょうね。
思い出を音楽で刻んでらっしゃる方ってけっこう多いと思うんです。この曲を聞くとあの夏を思い出すとか、就職した歳を思い出すとか、結婚した年を思い出すとか、ちょっと悲しい思い出を彷彿とさせることもあるかもしれない。
音楽って、記憶の句読点だと思うんですよね。
このグラミー賞を見れば、2016年ってどんな年だったんだろうって振り返ることもできるし、自分の音楽的な系譜が見えてくる。
だから是非とも一度だけではなく、生中継のみならず、夜の字幕版の放送も見ていただいて、尚且つブルーレイディスクに焼いて、ご自分の音楽のアルバム、いわゆる“年譜”にしていただければ本当に宝物になると思います。
僕もそうなんですけど、パフォーマンスの記憶って友達とシェアできるんですよね。「覚えてる?マドンナが人前結婚式したよね!」とか、「喧嘩していたエルトンとエミネムがコラボしてたよね」とか。そういういろんな記憶があって、別にクイズ形式にしたりトリビアを追求する必要は全くないのですが、あの頃僕はどこにいて何をやっていて、その年のグラミー賞であんなステージがあったな、という風に思い出の一部にしていただければ嬉しいです。

The countdown to Music's Biggest Night is on! Click the link in our bio to see the #GRAMMYs nominees who make us #BelieveInMusic 🎶

Recording Academy / GRAMMYsさん(@recordingacademy)が投稿した動画 –

生中継の見どころについて

本当に僕らもギリギリまで概要が分からなかったりするんですよ。リハーサルも見れるものとそうでないものがありますし。現地の放送局ですら本当は分かってないんじゃないかと思うぐらい、情報が主催とアーティストでコントロールしている部分もあるんですよね。
いきなり出る順番が変わってしまうこともあります。もう僕ら出番なの?っていうこともあったりとか。密かに慌てている現場をお楽しみにということで(笑)

We are celebrating our Recording Academy Nashville Chapter nominees tonight ahead of Music's Biggest Night! 🎉 Stay tuned for more updates. 🎶 #GRAMMYs

Recording Academy / GRAMMYsさん(@recordingacademy)が投稿した写真 –

案内役を務められてきた中で、印象に残っているエピソードなどありますか?

昨年は、ジョニー・デップがサプライズでスタジオにいらっしゃったんですよ。「ついてきちゃったよ〜」 って(笑)ロサンゼルス市警のポリスマンも出てきて、お客さんとかファンを整理しなきゃいけないぐらいの騒ぎになったんです。
まさかの出来事でしたが、逆に言えばそれが生放送の醍醐味ですし、カビラどうするんだ?カビラ慌ててるぞ、大丈夫なのか?みたいなドキドキを、視聴者の皆さんと共有できれば。
スタッフ、出演者を含めて、どのぐらいの対応力があるのか試されるところがあると嬉しいなと思っています。
実は、僕たちが出演しているWOWOWのスタジオ中継の時間は、実はアメリカの視聴者はコマーシャルを見ている時間なんです。現地のグラミー賞にはスタジオはありませんので、日本の皆さんはとてもラッキーなんですよ!

メッセージ

一緒に驚いて、一緒にハラハラしながら、楽しんでください。WOWOWのスタジオ中継は、ヨーロッパでも南米でも見られません。日本でしか見られない、スペシャルな放送をどうぞお楽しみに。


WOWOW「現地よりお届け!まもなく第59回グラミー賞授賞式」※無料放送
2017年2月13日(月) 9:00〜

WOWOW「生中継!第59回グラミー賞授賞式」※二カ国語版(同時通訳)
2017年2月13日(月) 9:45〜

WOWOW「第59回グラミー賞授賞式」※字幕版
2017年2月13日(月) 22:00〜

<関連番組>
WOWOW「第59回グラミー賞授賞式 ノミネーション情報」※無料放送
2017年1月14日(土)~随時放送中

<関連リンク>
第59回グラミー賞授賞式 WOWOW特設サイト

コメントはこちらから

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
  • AndMore!の最新情報をお届けします
  • ツイッターで最速最新情報をお届けします
フェスティバル カレンダー
SUMMER SONIC 2016 LIVE REPORT

あわせて読みたい