YouTube capture

【PUNKSPRING 2016】SUM 41のデリックが帰ってきた!奇跡の復活劇まとめ


2016年4月に開催が決まったPUNKSPRING 2016。10周年を飾るヘッドライナーの1組に決まったSUM 41。

しかし、この発表があった時、不安の声も少なからず聞こえました。それは、ボーカルのデリック・ウィブリーの容態。かつて、アルコール依存症で生活がままならなくなり、意識不明の事態にまで陥ったデリックのニュースが伝わりファンを騒然とさせました。

そこで今回はPUNKSPRING 2016のヘッドライナーを務めるまでのデリック復活劇をご紹介します!

2006年、人気絶頂のなか同じくアヴリル・ラヴィーンと結婚!

アヴリル・ラヴィーン

2002年にリリースした『Does This Look Infected?』が大ヒットを記録し、ここ日本でもその名を轟かせたSUM 41。

この人気絶頂期に、同じく若くして世界に羽ばたいた当時の女性ロックシンガーのニューアイコン、アヴリル・ラヴィーンと電撃結婚!
当時デリックは25歳、アヴリルは20歳と、ロック界の新たなニューカップルとして話題となりました。

同時期にSUM 41のバンドサウンドを支えていたギタリスト、デイヴ・バクシュが脱退……

デリックが結婚した同じ年、SUM 41の特徴でもあるメタル・サウンドを得意とするギターを務めていたデイヴ・バクシュが脱退を発表。以前よりデイヴが求めるサウンドとSUM 41の音楽性に相違があり、脱退後はメタル・バンド「Brown Brigade」として活動をはじめました。

3年後の2009年にアヴリルと離婚…そこからアルコールに浸る日々…

SUM 41

新たなギタリストのトム・タッカーが加入しSUM 41は活動を続けます。当時リリースしたアルバムも評判はいいのですが、かつての人気に比べると陰りが出はじめました。

不安に拍車をかけるように、2009年にデリックはアヴリルと離婚。その後アヴリルはニッケルバックのチャドと再婚を果たします(ちなみに、この2人も2015年に離婚)。

恋人を失い、バンドの活動も順調に進まず、元々内向的な性格のデリックは日夜アルコールに逃げ場を求めはじめます。

ライブでの不安な演奏……

SUM 41

このころ、SUM 41はPUNKSPRING 2012に出演。デリックの変わってしまった容姿や、なんだかしまりのないMCにショックを受ける日本ファンが多数。この頃デリックは毎日浴びるように酒を飲んでいて、アルコール依存症が彼の体を蝕みはじめていました。

2013年、ドラマーのスティーヴ・ジョクスが脱退

スティーヴ・ジョクス

デリックの生活が破綻していくのに拍車をかけるように、SUM 41の名物キャラであったドラマーのスティーヴ・ジョクスが脱退を発表。アルバムも2011年以降発表がなく、バンドはほとんど壊滅状態に。

2014年春、大量の酒を飲み、意識不明で病院に運ばれる

デリックの新たなパートナーであるモデルのアリアナ・クーパーと共に撮影された写真には、全盛期のスタイリッシュな姿とはにても似つかない彼の姿がありました。「激太り!」という報道が多くありましたが、今思えばアルコール依存症特有の顔の異常なむくみも現れているようにも思います。

そして2014年ついにアルコールの過剰摂取によりデリックは意識を失い、病院に運ばれる事態に陥ります。意識不明の状態は1週間も続き、「あと一杯酒を飲むと死んでしまう」と医者から言われ、重体で一か月間入院するほどの事態となっていたデリック。恋人のアリアナの発見が遅ければ、帰らぬ人となっていたかもしれません……

最悪の状態にまで身を滅ぼしてしまったデリックでしたが、彼を助けてくれたのは先輩であるあのロックミュージシャンたちでした!次のページに続きます!

1 2
  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
  • AndMore!の最新情報をお届けします
  • ツイッターで最速最新情報をお届けします

あわせて読みたい