【Q&A】ポップスプリングってどんなフェス?!


今年新しく生まれたフェス、「ポップスプリング」。初開催ということでどんなフェスなんだろう?と気になることも多いはず!ということで、ポップスプリングに関する皆さんの疑問にお答えします!

いつどこでやるの?


メッセ
tokyotecture

4月2日(土)は幕張メッセ4月3日(日)は神戸ワールド記念ホールでの開催です。2日間にわたり西日本でも東日本でも楽しめるのは嬉しいところ!アーティストにも日本を楽しんでいってほしいですね!どちらも数々のイベントを行っている会場なので足を運んだことのある方も多いのでは?

座席指定はありますか?

メッセ
catsmithsmooth

会場はオールスタンディング。オールスタンディングのいいところは近くでアーティストを観れるチャンスがあること!いつも座席が遠く、小さくしか見れなので残念…なんて思いしてませんか?せっかく来日してくれたアーティスト、次はいつ日本に来てくれるのかわからないのでしっかりと目に焼きつけたい!

荷物は預けられるの?

ロッカー
taikoii

会場内にはクロークがあるのでご安心ください。まだ4月頭は肌寒いことも多いのでコートを着て行っても預けられますね!

駐車場はありますか?

海浜幕張
1022tsk

会場には専用の駐車場はありません!周辺のコインパーキングなどの一般駐車場を利用することになりますが止めれるかわからないor会場から遠くしか空いてない、なんて恐れも…。駅からすぐなので公共交通機関をお勧めします!

飲食物を持ち込んでもいいですか?

フェス飯
ruka_equal

飲食物の持ち込みはできません。会場内での販売があるのでフェス飯を楽しんでみてください!

GOLD TICKETSってどんなチケット?

GOLD TICKETSはいろいろな特典がついたチケット。一般のチケットよりお値段は高くなりますがその価値あり!まず一番の魅力は「専用エリア」に入れること!混雑する一般エリアとは違い、余裕を持って観れるので無理なくライブを楽しむことができます。他にも専用の入場レーンやクローク窓口があるのでスムーズ!混雑が苦手な人にお勧めです!

子供と行きたいけど、何歳からチケットが必要ですか?

kids
annalaura_gio

小学生以上のお子さんは1人1枚チケットが必要になります。未就学のお子さんは保護者1名につき1名入場可能です。会場で迷子などにならないようしっかり目を離さないように一緒に楽しんであげてください。また、お子さんの耳は大人よりも敏感なのでイヤーマフをつけてあげている方も最近よく見られます。

どんなアーティストが出るの?

出演者は世界中のヒットチャートを席捲するアーティストばかり。現在発表されているのは7組の海外アーティスト。そこで、豪華な顔ぶれの出演者の中でもおすすめのアーティストをご紹介します!
超人アカペラ!ペンタトニックスは必見!

ヘッドライナーは抜群の歌唱力とアレンジ力を持つ無敵の5人組アカペラグループ、ペンタトニックス!グラミー賞を獲得した「ダフト・パンク・メドレー」のYou Tube再生回数は現在1億8千万回を突破。どんどんと入れ替わるリードヴォーカルも、打ち込みのようなボイスパーカッションもどれも見るものを魅了し世界中で注目を浴びています。本当にアカペラで再現されているなんて信じられない!という方、ぜひ彼らのテクニックを生で感じてください!

UKの新ポップ・アイコン、フォクシーズ!

新世代の歌姫フォクシーズ!デビュー前の彼女に目をつけたのはあのEDM貴公子ゼッド。まだデビュー前だった彼女が歌う「クラリティ」はなんとグラミー賞を獲得!一躍スターの仲間入りを果たしました。歌の実力もさることながら、彼女の大きな目と厚い唇はかわいいのになんだかセクシー!ファッションアイコンとしても注目を集めています。これからさらなる活躍が期待される彼女のステージは要チェック!

近年いろいろなフェスが増えていますが海外ポップアーティストがこんなに集まるフェスは今までにはないスタイル。洋楽好きのみなさんに絶対オススメです!

只今、オフィシャル先行チケット受付中
http://www.popspring.jp/ticket.html

ポップスプリング、出演アーティストがよかったら「いいね」↓で応援しよう!


POPSPRING
2016年4月2日(土)
会場:千葉 幕張メッセ9/10/11 ホール
0PEN 11:00/START 12:00
2016年4月3日(日)
会場:兵庫 神戸ワールド記念ホール
0PEN 11:00/START 12:00

<関連リンク>
www.popspring.jp

text:くのまい

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
  • AndMore!の最新情報をお届けします
  • ツイッターで最速最新情報をお届けします
フェスティバル カレンダー
SUMMER SONIC 2016 LIVE REPORT

あわせて読みたい