フェス・音楽好きにウケる!フェスウェディングおすすめBGM


近頃ますます人気の高まっているフェスウェディング!
フェスっぽい飾り付けや演出がとても可愛く、オンリーワンな雰囲気に来場者の満足度も高まります。そんなフェス好きカップルのウェディングに来る来場者は毎年一緒にフェスに行く仲間などが含まれているのでは?音楽好きな来場者に「おっ!センスいい!」と思わせるようなフェスウェディングにおすすめの曲をご紹介します!

【邦楽編】

Clammbon 「シカゴ」


フェス好きにクラムボンを嫌いな人はいないはず!?ピアノと盛り上がるシンセがこれから楽しい会が始まるぞ!という雰囲気で入場にぴったり!クラムボンはフェスウェディングに合いそうな曲が他にもたくさんあります。

電気グルーヴ「虹」


フェス常連の電気グルーヴ!壮大さと多幸感のあるこの曲でフェスの思い出が蘇る人も多いのではないでしょうか?フェスで一緒に観たアーティストの曲は思い出のスライドなどに使いたい!

bonobos 「THANK YOU FOR THE MUSIC」


音楽好きのハートに訴えるこの曲!オープニングの始まり感と手拍子したくなるリズムが入場向きですね。フェスでも手拍子が起こる人気の曲!

星野源「Crazy Crazy」


ブラックミュージックを取り入れたアルバムが高評価の、星野源。女性人気も絶大なのでブーケトスに使用すればみんなのやる気も上がるかも!?

cero「マウンテン マウンテン」


屋外で(特に山で)パーティーを企画している人にぜひお勧めしたいのがこの曲!陽気な曲調と「踊れ踊れ」という歌詞が会場を楽しい雰囲気にしてくれそうそうです。

SPECIAL OTHERS「Uncle John」


インストバンドの曲はおしゃれな雰囲気でBGM向き。中でもスペアザは全国数多くのフェスに出演しているフェス猛者なのでフェス好き受けは間違いなし!

Nobowa「SUN」


こちらもインストバンド。バイオリンの音が加わるので綺麗めでより伸びやかなイメージです。ガーデンパーティーなど外のシュチュエーションが似合いそう!

HI-STANDARD 「Can’t Help Falling In Love」


解散してもなお愛され続けるハイスタがカバーしたラブソング!音楽好きの多くが通るハイスタは青春を思い出す人も多いはず!勢いがありカラッとした明るさがゲームや余興に合いそうです。

ハンバートハンバート「ぼくのお日さま」


夫婦デュオのハンバートハンバート。アコギの音とあったかい二人の歌声が心をじんわりとさせます。しっとりしたシーンでかけて涙を誘いたいですね!

【洋楽編】

Oasis「Don’t Look Back In Anger」


オアシスと言ったらこの曲!フジロッカーならこの曲は欠かせないでしょう!昨年のフジロック最終日もノエルがラストにこの曲を演奏し大合唱が起こりました。パーティーでも最後の方にかけたいですね!

Primal Scream「Country Girl」


ロックで元気なこの曲は楽しいパーティーにぴったり!入場前にこんな曲で会場を温めておきたいですね。やんちゃな歌詞には目をつむりましょう(笑)

Daft Punk「One More Time」


ダフトパンクの名曲!歌詞もお祝いの曲なので結婚式にはぴったりです。ノリノリのダンスミュージックは気分も盛り上がります!パーティータイムのようなシーンで使いたい曲!

Maroon 5 「Sugar」


みんなが知っている曲も入れたいならこの曲!世界中で結婚式の定番ソングになりました。MVのようにサプライズの時に使いたいですね!

MAGIC! 「Rude (Zedd Remix)」


お父さんに娘さんをもらいに行く男性がテーマのこの曲は結婚式にぴったり!元の曲も良いですがゼッドのRemixバージョンはパーティー感満載なので盛り上げたい時におすすめ!

John Butler Trio 「Funky Tonight」


フェス好きはジャムバンドに弱い!踊りたい気持ちを抑えきれないはず!ということでジョン・バトラー・トリオのこの曲。スピード感もあるので余興のゲームなどでかければ会場のテンションも上がりそう!

Mark Ronson「Uptown Funk ft. Bruno Mars」


今年グラミー賞を受賞したこの曲も踊りたくなる1曲!誰もが耳にしているヒットソングなので二次会でかけて、みんなで踊っちゃうのも楽しそう!

Jack Johnson 「better together」


歓談中などにおすすめなのがリラックスした雰囲気にしてくれるサーフミュージック!その代表といえばジャック・ジョンソンですね。彼のアルバムを1枚かけっぱなしにしてもいいかも。

Radiohead 「No Surprises」


レディオヘッドの曲を使うなら「creep」と言いたいところですがあえてこの曲で。しっとりとしたトム・ヨークの歌声と後半の盛り上がりが心を揺さぶる曲なので手紙を読む時BGMに使えば感動間違いなし!

John Lennon「Power To The People」


パーティーの終わりはこの曲しかないでしょう!フジロックに行ったことのある人ならわかりますね?最終日のラストにかかるこの曲で元気に退場したい!

いかがでしたか?音楽好きならBGMを選ぶ作業は楽しい時間になりそう!素敵なBGMで2人の晴れ舞台を演出してください。

text:くのまい

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
  • AndMore!の最新情報をお届けします
  • ツイッターで最速最新情報をお届けします
フェスティバル カレンダー
SUMMER SONIC 2016 LIVE REPORT

あわせて読みたい