サマソニ2016 この曲は聴いて行こう!【東京20日(土) / 大阪21日(日) MOUNTAIN編】


夏ですね。サマソニまであと少し!皆さんいかがお過ごしでしょうか?様々なジャンルのアーティストが出演することでも話題ですが、サマソニの予習のためにも各アーティストの聴いて行きたい1曲をご紹介します。

今回は東京20日(土)、大阪21日(日)のマウンテンステージに出演する各アーティストです。

The Offspring 『The Kids Aren’t Alright』


カリフォルニア出身のパンクロックバンド、オフスプリングがマウンテンステージのヘッドライナーを飾ります。疾走感たっぷりのアゲアゲな楽曲が多い彼らですが、その中でもこの曲は、おそらく終盤で演奏されるはず。彼らのライブで大事なのは、楽しむことです。ノリノリで暴れまくりましょう!

Pentatonix 『Perfume Medley』


声だけで人々を魅了し続ける奇跡の5人組と言われる、アメリカ出身の超絶技巧派アカペラ・グループ、ペンタトニックス。今年のポップスプリングではヘッドライナーを飾りました。大ヒットの「ダフト・パンク・メドレー」に続いて、7月27日にリリースされる初の日本語カバー楽曲「Perfumeメドレー」は間違いなく披露されることでしょう!

Panic! At The Disco 『Don’t Threaten Me With A Good Time』


フォール・アウト・ボーイのピートによって見出されたエモポップロックバンド、パニック!アット・ザ・ディスコ。今年リリースしたアルバム『Death Of A Bachelor』の楽曲はおそらく披露すると思うので、予習しておきましょう!また、同日マリンステージ(大阪会場ではマウンテンステージ)に登場するWeezerとは、この夏のツアーを一緒にまわっているので、何かしらのコラボを期待してもよさそうです。

Charlie Puth 『One Call Away』


優しい歌声を持つ24歳のシンガーソングライター、チャーリー・プース。2014年に、ラッパーであるウィズ・カリファの楽曲「See You Again」で共演を果たし、ワイルドスピードのサントラに起用され、一躍有名になりました。今年の8月3日に日本版が発売される彼のデビューアルバム『Nine Track Mind』をチェックしておきましょう!

Digitalism 『Idealistic』


デジタリズムは2004年に結成されたドイツ・ハンブルク出身のテクノ・エレクトロニック・ミュージック・デュオです。デビューアルバムに収録されていたこの曲で一躍有名になりました。ここ最近のセットリストを見る限り、ヒット曲「Pogo」や今年5月にリリースされたアルバム『Mirage』の楽曲を演奏するのではないでしょうか。

RAT BOY 『Sign On』


ロックとヒップホップを融合させたアーティストとして今一番の注目株、イギリス出身のラット・ボーイはまだなんと20歳!有名音楽誌も猛プッシュしているようです。今年のグラストンベリーのセットリストから考えると、ヒット曲「Sign On」と新曲の「Move」は間違いなく演奏するでしょう!

The Struts 『Could Have Been Me』


フレディ・マーキュリーの再来とも言われるボーカル、ルーク・スピラー率いるイギリス出身の新人バンド、ザ・ストラッツ。70年代ロックが好きな人はハマると思います!日本にはこのサマソニが初来日のステージです。はたしてどのようなパフォーマンスするのでしょうか。まだ楽曲が少ないので、アルバム『Everybody Wants』をチェックしましょう。どれも名曲ばかりです!

Joy Opposites 『SWIM』


オープニングアクトとして登場するのはJoy Opposites。元FACTのメンバー3人と、元THE AMITY AFFLICTIONのImmy(Gt/Vo)による新バンドです。デビューアルバム『SWIM』は8月10日にリリースされます。7月20日にTSUTAYAで先行レンタルが開始されるようなので、見逃さないようにしましょう!

※大阪会場のみに出演予定のflumpoolに関してはこちらの記事をご覧ください。
大阪会場マウンテンステージに出演予定のWeezerはマリンステージの記事で紹介予定です。乞うご期待!


サマーソニック2016
2016年8月20日(土)・21日(日)
東京会場:QVCマリンフィールド&幕張メッセ
大阪会場:舞洲サマーソニック大阪特設会場
<関連リンク>
SUMMER SONIC 2016

text:AndMore!編集部

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
  • AndMore!の最新情報をお届けします
  • ツイッターで最速最新情報をお届けします
フェスティバル カレンダー
SUMMER SONIC 2016 LIVE REPORT

あわせて読みたい