【サマソニ東京】 手ぶらでキャンプサイトを徹底ガイド!


サマソニ上級者はみんな毎年狙ってる!? サマソニをフルに楽しむための秘密兵器、Seaside Villageにあるキャンプサイトがさらにパワーアップ! そんな Seaside Villageキャンプサイトの昨年の様子をお届けします。今年利用したいと思っている人にはガイドレポートとしてもおすすめです!

とても人気なキャンプサイト券なので早めの購入をお勧めします。
今年のSeaside Village キャンプサイト券の販売はこちら

seaside_village テント
Seaside Villageキャンプサイト入り口。期待にワクワク

「サマソニ会場でキャンプができる」…その事実を知らない方も多いのではないでしょうか? サマーソニック東京に2007年から出現したSeaside Village (シーサイド・ヴィレッジ)ですが、翌年の2008年からはテント宿泊可能エリアに。そして2015年からキャンプサイトが大幅リニューアル!マリンステージと海岸に隣接する芝生エリアでのキャンプが、なんとテントが初めからセッティングされている状態に! これによってテントを持参しなくとも、テントを組み立てられなくても大丈夫。まさしく「手ぶらでキャンプ」が可能となりました。

seaside_village テント
たくさんのテントが立ち並ぶ様は壮観。各テント用のスペースはゆったりと確保されている

でも「サマソニでキャンプなんて、地方から遠征で来る人向けでしょ?」なんて意見が聞こえてきそうですが、今回取材して分かったのが、東京の人ほどキャンプサイトを使うということ! たしかに遠征だったら奮発してホテルを予約してもいいかもしれませんが、安価でサマソニ会場すぐ近くに泊まれるキャンプサイトは東京近郊の人にこそおすすめできる気軽に使える宿泊施設かも。

seaside_village テント
どれが自分のテントか分かるように、皆さん各自で目印をつけている様子

そのキャンプサイトを実際に利用していた方々にお話を伺ったところ、サマソニ2日目朝11時、これから会場に向かうという2組とも東京在住! やはりソニックマニアからトータル3日間を楽しむためにキャンプサイトを利用されているようでした。

seaside_village テント
東京から4人で利用しているというゆりえさんとチャチャさん

今回が初めての利用だというゆりえさん(フリーランス)とチャチャさん(会社員)も東京からの参加。「朝食とシャワーもついていて、テントを組み立てなくても良いので気楽に参加できました。ドライヤーのレンタルさえあれば完璧」とお話してくれました。

seaside_village テント

seaside_village テント
朝食バイキングを提供している「美浜茶房」。お店の中にはタイの装飾技法カーヴィングによる野菜アートも!

昨年は100サイト限定で定員4名までの利用となる「Seaside Camp券」は、¥30,000(税込)でキャンプサイト4名様までの利用のほか、コールマン特典グッズ2点がつき、キャンプサイトに設置されている簡易シャワーの利用も可能!そして注目は朝食券。隣接しているソニ飯のなかでも評判の高いオープンカフェ「美浜茶房」での朝食バイキングが宿泊者の人数分が、土日の2日用意されるのです。

seaside_village フェス飯
「美浜茶房」の名物、ローストチキン。グルグルと回ってローストされ、辺りにはおいしそうな匂いが♪

美浜茶房の京子さんいわく「みんな疲れてあまり食べないかと思ったけど、もりもり食べてくれて嬉しかった。とくに新鮮な生卵は大人気!ぜひ食べてみてほしい」とのこと。これは食べてみたい!

キャンプサイト利用の希望者にレンタルされるテーブルと椅子。快適なキャンプ生活が幕張で行えるのは魅力的です
キャンプサイト利用の希望者にレンタルされるテーブルと椅子。快適なキャンプ生活が幕張で行えるのは魅力的です

ほかには、テントはもちろんバッテリーランタン、テント内マットレスのレンタルのほか、テーブルや椅子も希望者へは貸出を行っているとのことで、指定エリアで可能なバーベキューも含めいたれりつくせり。サマソニの豪華なアーティスト陣によるライブを楽しみ、それからバーベキューをしてみんなでワイワイ。今年こそサマソニはキャンプサイトを利用してみてはいかがでしょうか?

とても人気なキャンプサイト券なので早めの購入をお勧めします。
今年のSeaside Village キャンプサイト券の販売はこちら

サマーソニック2016
2016年8月20日(土)・21日(日)
東京会場:QVCマリンフィールド&幕張メッセ
大阪会場:舞洲サマーソニック大阪特設会場
<関連リンク>
SUMMER SONIC 2016

text:AndMore!編集部

  • ツイッターで最速最新情報をお届けします