【COUNTDOWN JAPAN 16/17特集!!!】出演アーティストをチェック!#3


国内アーティストが勢ぞろいする冬の一大イベントカウントダウン・ジャパン。
今回も注目のアーティストを5組紹介いたします!

RADWIMPS


大ヒット中の映画「君の名は。」の音楽を手掛けていることでも話題を呼んでいるRADWIMPS。メジャーデビューから11年目を迎える11月23日にニューアルバム「人間開花」の発売します。同時に、2017年の全国ツアー開催も決定し今後の活躍にも期待が高まっていますよ!
カウントダウン・ジャパンでは「前前前前世」も披露してくれるのでしょうか。楽しみですね!

Aimer


“振幅ゆらぎと周波数ゆらぎが同時に発生して、非常に稀な声の持ち主”とも言われているAimer。
ハスキーな声と独特な世界観が特徴的です。
今年の9月に発売されたアルバム「day dream」では、ONE OK ROCK のTakaをはじめ、RADWIMPS 野田洋次郎、阿部真央、スキマスイッチなど錚々たる顔ぶれが参加したことでも話題を呼びました。
今一番注目したいアーティストといっても過言ではありません。お見逃しなく!

Czecho No Republic


カウントダウン・ジャパンへの出演は4回目となるCzecho No Republic。
昨年はGALAXY STAGEにてカウントダウンを行い、見事“ハッピーな年越し”にしてくれました。
今年7月に発売した4thアルバム「DREAMS」に収録されている「Dream Beach Sunset」では、フラミンゴを意識したコンテンポラリーダンスを披露しています。
ぜひ振り付けを覚えて曲に参加してみてはいかがでしょうか。

back number


11月16日にはニューシングル「ハッピーエンド」の発売も決定しているback number。繊細で美しい音楽、切ない歌詞は聴くものの心をつかんで離しません。そのリアルで赤裸々な曲に、自分の体験と曲を重ねて聴いてしまう方も多いようです。
カウントダウン・ジャパンを迎える頃、季節は冬。
紹介する「クリスマスソング」は冬にピッタリな一曲になっています。ぜひ聴いてみてください。

sumika


カウントダウン・ジャパンへの出演は今回が初となる彼ら。
ライブは毎回ゲストメンバーを入れて開催され、音楽家以外にも 映像作家、写真家、絵描きなど様々な芸術家と共に作品を制作しています。紹介する「Lovers」は、ライブでもよく演奏されている一曲。
会場を見渡すと笑顔で溢れています。年末年始を笑顔で迎えたい方には絶対におすすめなアーティストです!

COUNTDOWN JAPAN 16/17に出演するアーティスト5組を紹介しました。
それぞれどんなパフォーマンスで年末年始を盛り上げてくれるかとても楽しみですね!それではまた次回!


COUNTDOWN JAPAN 16/17
2016年12月28日(水)〜31日(土)
会場:幕張メッセ国際展示場1~11ホール、イベントホール

<関連リンク>
COUNTDOWN JAPAN 16/17

text:AndMore!編集部

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
  • AndMore!の最新情報をお届けします
  • ツイッターで最速最新情報をお届けします

あわせて読みたい