漫画なのに音が聴こえる?音楽好きに読んでほしいおすすめ漫画11選


今回は、音楽好きならハマること間違いなしの音楽漫画を一挙にご紹介。
漫画なのに音楽?と侮るなかれ。まるでメロディが聴こえてくるようなリアルな名作ばかりです。どんな作品があるか、ぜひ参考にしてみてください。

ロックをテーマとした漫画

『ソラニン』

【あらすじ】
将来に希望を感じられず、勢い余って会社をやめてしまった元OL・井上芽衣子と、デザイン関係のアルバイトをしながらもバンド活動を続けている彼氏・種田成男。いつまでも逃げてばかりであった種田にイラついた芽衣子は、「バンドをやってほしい」という思いを伝える。その後バンド活動に専念し始めるがなかなかうまくいかず……。

<関連商品>

ソラニン(1) (ヤングサンデーコミックス)
小学館 (2012-09-25)
売り上げランキング: 15,719

『BECK』

【あらすじ】
どこにでもいる平凡な中学生、コユキ(田中幸雄)。何事もなくただ過ぎていく日々に不安を抱いていたコユキがある日、帰国子女の天才ギタリスト・南竜介と出会い、音楽の世界に足を踏み入れることに。竜介をはじめとする才能溢れるメンバーと共にロックバンド「BECK」を結成し、自身に秘められていた天性の歌声を目覚めさせていく。

<関連商品>

BECK(1) (KCデラックス 月刊少年マガジン)
ハロルド 作石
講談社
売り上げランキング: 112,653

『日々ロック』

【あらすじ】
17歳の冴えない男子高校生・日々沼拓郎は、ロックだけが救い。「日々ロック」の名で音楽活動を行っているが、その評判はイマイチだった。そんな彼が草壁まもるに誘われて、ロック・バンド「THEロックンロールブラザーズ」を結成し……。

<関連商品>

日々ロック 1 (ヤングジャンプコミックス)
榎屋 克優
集英社 (2010-10-19)
売り上げランキング: 111,805

『デトロイト・メタル・シティ』

【あらすじ】
ポップ・ミュージシャンとしてデビューする夢を抱きながら上京してきた主人公・根岸崇一。大学卒業後、無事にレコード会社との契約を済ませるが、事務所からやらされることとなったのはなんとデスメタルであった。悪魔系デスメタル・バンド「デトロイト・メタル・シティ」のギター・ボーカル「ヨハネ・クラウザーⅡ世」としてデビューしてしまった根岸は、奇しくもメタルの才能を発揮し、瞬く間に人気バンドとなってしまう。

<関連商品>

デトロイト・メタル・シティ (1) (JETS COMICS (246))
若杉 公徳
白泉社
売り上げランキング: 168,612

『SHIORI EXPERIENCE〜ジミなわたしとヘンなおじさん〜』

【あらすじ】
見た目は“ジミ”だが、ギターが大好きな高校教師・本田紫織。27歳になったばかりのある日、突然“ヘン”なアフロヘアーのおじさんの霊に取り憑かれてしまう。「27歳を終えるまでに音楽で伝説を作らないと死ぬ」という契約を交わしてしまった紫織は、伝説を作ることができるのか……。

<関連商品>

SHIORI EXPERIENCE~ジミなわたしとヘンなおじさん~(1) (ビッグガンガンコミックス)
長田悠幸×町田一八
スクウェア・エニックス (2014-11-27)
売り上げランキング: 32,821

クラシックをテーマとした漫画

『のだめカンタービレ』

【あらすじ】
クラシック音楽をテーマとした超人気作。桃ヶ丘音楽大学ピアノ科に在籍する千秋真一は、ピアノ科に在籍しながらも指揮者を目指しているエリート音大生。重度の飛行機と船への恐怖症によりヨーロッパに行くことができないという悩みを抱え、鬱憤がたまるばかりの毎日。そんな千秋の前に現れたのが、ズボラな生活を送ってはいるものの、心優しく繊細で、内には天賦の才能を秘めたピアノ科の生徒・のだめ(野田恵)であった。互いの才能に惹かれながらも、音大の仲間たちと共に成長していくラブコメディ。

<関連商品>

のだめカンタービレ(1) (講談社コミックスキス (368巻))
二ノ宮 知子
講談社
売り上げランキング: 76,703

『四月は君の嘘』

【あらすじ】
かつては数々のピアノコンクールを総なめにしていたが、母の死をきっかけにピアノが弾けなくなってしまった神童・有馬公生。14歳になった公生が満開の桜の下で出会ったのは、同い年のヴァイオリニスト・宮園かをりだった。かをりとの出会いをきっかけに世界が色づき始めた公生は、再び音楽の世界へと戻って行くのだが……。

<関連商品>

四月は君の嘘(1) (講談社コミックス月刊マガジン)
新川 直司
講談社 (2011-09-16)
売り上げランキング: 27,385

『ピアノの森』

【あらすじ】
「森の端」と呼ばれる、ヤクザや娼婦が店を並べる色街。そこで娼婦の息子として生まれた主人公・一ノ瀬海だけが、森に放置されていたピアノを弾くことができた。海の元へと転校してきた世界的ピアニストの息子・雨宮修平は、海のピアノに衝撃を受ける。また、もともと有名ピアニストであった音楽教師・阿字野壮介も海の才能に気付き、コンクールに応募することに。ピアノを通して成長していく様子を描いた作品。2018年4月にはTVアニメ化されることも決定しました。

<関連商品>

ピアノの森 1 (モーニングKC (1429))
一色 まこと
講談社
売り上げランキング: 47,547

ジャズをテーマとした漫画

『BLUE GIANT』

【あらすじ】
将来何をするべきなのか分からずに日々を過ごしていた高校3年生の宮本大は、友人に誘われて行ったライブハウスで、初めてジャズの生演奏を目の当たりにする。プロの演奏に圧倒された大は、雨の日も風の日も朝も夜も、河原でサックスを練習し、「プロのジャズプレーヤーになる」という夢を目指し奮闘していく。

<関連商品>

BLUE GIANT 1 (ビッグコミックススペシャル)
石塚 真一
小学館 (2013-11-29)
売り上げランキング: 4,061

『坂道のアポロン』

【あらすじ】
舞台は1960年代の長崎。父親の仕事の都合で佐世保に引っ越してきた主人公・西見薫は、“札付きのワル”と恐れられる川渕千太郎との出会いをきっかけにジャズに興味を抱き、ジャズ・ピアノに挑戦することとなる。そんな薫が思いを寄せるレコード屋の娘・律子や、千太郎が思いを寄せる百合香、「淳兄」と慕われているトランペット奏者・淳一たちの恋愛模様も描かれている。

<関連商品>

坂道のアポロン (1) (フラワーコミックス)
小玉 ユキ
小学館 (2008-12-05)
売り上げランキング: 48,526

番外編

『とんかつDJアゲ太郎』

【あらすじ】
とんかつの出前を届けに行ったとあるクラブにて、初めてクラブ・カルチャーに出会った主人公・揚太郎。「とんかつもフロアもアゲれる男になりてえんだ」と意気込み、「とんかつDJ」として歩んでいくことを決意する。ただのギャグ漫画と侮っていたら損をするような隠れた名作。

<関連商品>

とんかつDJアゲ太郎 1 (ジャンプコミックス)
小山 ゆうじろう
集英社 (2015-02-04)
売り上げランキング: 73,511

ロックだけでなく、クラシック、ジャズ、そしてギャグ漫画まで幅広くご紹介しました。普段ロックしか聴かない人も、漫画を通してクラシックやジャズに触れてみるのもいいかもしれません。気になった作品は、ぜひ読んでみてくださいね。

text:AndMore!編集部

  • ツイッターで最速最新情報をお届けします