オープンエアパーティ「rural 2018」第3弾でSvreca、Intergalactic Gary、Batuら6組


7月14日(土)〜16日(月・祝)に長野 内山牧場キャンプ場にて開催される「rural 2018」の第3弾出演アーティストが発表されました。

「rural」は、新たな音楽体験と大自然が共鳴するオープンエアパーティ。会場である内山牧場キャンプ場は、佐久高原に切り立つ名山・荒船山を望む、360度パノラマのダンスフロアが大きな魅力です。10年目を迎える今年はさらなる進化を目指します。

今回発表されたアーティストは、スペインが生んだ怪傑Svreca。「rural 2017」では、一貫した攻めの姿勢に気品をまとったテクノグルーヴを、霧の夜明けに打ち込みました。今年も山頂に幻想奇怪な異空間を創り出し、人々を忘我の境地で踊らせてくれることでしょう。

Intergalactic GaryことJohn Schefferは、パーティ大国オランダで35年ものキャリアを積み上げてきた大ベテラン。圧倒的な現場経験とスキルの持ち主こそが形にできる「何でもあり」なDJスタイルには、ダンスミュージックの自由と喜びを感じずにはいられません。

ブリストルシーンの中心地からは、Batuが帰還。「rural 2017」では、UK仕込みのリズムを遊びながら、強烈なアシッドトラックを容赦なく投下。骨の髄まで痺れる音を、今回も存分に鳴らしてくれるはずです。

日本の前衛音楽界が誇るシンガー/電子音楽家Phew。至高のライヴを広大な夜空の下で体験できるのは、大変貴重な機会です。

Sapphire Slowsは、東京拠点のプロデューサー/DJ。楽曲はシンセの音色と透明感のある歌声で、独特な世界観を聴くことができます。今年はDJとしての出演。インディを起点に、ジャンルを問わず、鋭い感性でエネルギッシュなストーリーを紡ぎます。

Chris SSGは、音楽愛と高い審美眼により世界中のテクノフリークに支持されたブログ”MNML SSGS”の主宰の1人。DJとしては、近年は主にアンビエントが中心です。彼の使命は、DJを通じて「美」を表現すること。プレイを聴けば、その意味が自ずと理解できます。

これまでに発表された全出演アーティストはこちら。
Broken English Club (Jealous God, Cititrax | UK) [LIVE]
Solar & Mozhgan (We Are Monsters | US) [DJ]
Svreca (Semantica | ES) [DJ]
Intergalactic Gary (Intergalactic FM | NL) [DJ]
Antenes (L.I.E.S., Bunker NY | US) [LIVE & DJ]
Vladimir Ivkovic (Salon Des Amateurs, Offen Music | DE) [DJ]
Caterina Barbieri (Important Records | IT) [LIVE]
Batu (Timedance, Livity Sound | UK) [DJ]
Jane Fitz (Night Moves | UK) [DJ]
DJ NOBU (Future Terror, Bitta | JP) [DJ]
Akiko Kiyama and ENA (JP) [LIVE]
Wata Igarashi (Midgar, The Bunker NY | JP) [DJ]
Phew (JP) [LIVE]
Sapphire Slows (Kaleidoscope, Nous, Not Not Fun, Big Love | JP) [DJ]
Chris SSG (MNML SSGS | JP) [DJ]
Akiram Em (forestlimit | JP) [DJ]

チケットは公式サイトにて前売チケット、学割チケットの販売と、会場内ホテル・バンガロー、グランピング・貸しテント、オートキャンプ、東京〜会場間バスツアーの申込を受付中です。


rural 2018
2018年7月14日(土)〜16日(月・祝)
会場:長野 内山牧場キャンプ場

<関連リンク>
rural 2018

text:AndMore!編集部

  • ツイッターで最速最新情報をお届けします