今年も15,000人を魅了!未来型花火エンターテインメント「STAR ISLAND 2018」レポート


5月26日(土)に東京 お台場海浜公園にて未来型花火エンターテインメント「STAR ISLAND 2018」が開催。昨年に続き2回目となる今回、会場には15,000人が訪れ、一夜限りのエンターテインメントに酔いしれました。

2年目となる今年は、チケットが開催前にソールドアウト。エントランスでは、華美な衣装に身を包み、メイクを施したパフォーマーが来場者を出迎え、彼らの常人離れしたパフォーマンスに多くの人が足をとめ、写真を撮ったり、触れ合ったりと和やかな空気に包まれていました。

また、SHUYA OKINO (KYOTO JAZZ MASSIVE)や SHINICHI OSAWA(MONDO GROSSO)ら人気アーティストたちがDJプレイ。サンセットに合わせた特別セットを披露し会場を心地よく包み込みました。さらには今年新たに行なわれた弦楽三重奏によるSTAR ISLAND SPECIAL SUNSET ENSEMBLEも大好評。

SHUYA OKINO (KYOTO JAZZ MASSIVE)
SHINICHI OSAWA(MONDO GROSSO)

会場内の至るところに設置された計300台を超えるスピーカーから放たれる3Dサウンドが観客を包み込み、四方八方にライティングが瞬くなか、ステージには松明を手にした厳かなパフォーマーが登場。そして、夜空に大輪の花火が打ち上がると一際大きな歓声が。

その後も、Earth、World、Chaos、Love のテーマに沿いステージにはファイヤーパフォーマーやエアパフォーマー、水面からはウォーターパフォーマーなどが登場。終盤には「白鳥の湖」に合わせ、なんとバレエダンサーが出現。

また、鑑賞方法も既存の花火大会とは一線を画す「STAR ISLAND」。専用のベッドで花火が鑑賞できる「LIMITED STAR SEAT –BED–」やディナーとともに楽しめる「LIMITED STAR SEAT –DINNER–」。さらには周囲に気兼ねなくペアで優雅に鑑賞可能な「LIMITED STARSEAT – PREMIUM PAIR – 」 やグループと時間が共有できる「LIMITED STAR SEAT –GROUP–」が新設されるなど楽しみ方も拡大。STAR ISLAND だけでしか感じることができない、特別な体験を提供することで、ユーザビリティの部分でもさらなる進化を果たしました。

昨今、観覧無料の花火大会が様々な理由で中止となることも多いなか、花火の観方・楽しみ方を刷新し、2回も成功に収めた「STAR ISLAND」。伝統をアップデートし、日本の財産とも言える文化を後世へ、メイド・イン・ジャパンのエンターテインメントを世界へと打ち出す「STAR ISLAND」の今後も目が離せません。


未来型花火エンターテインメント「STAR ISLAND 2018」
2018年5月26日(土)
会場:東京 お台場海浜公園

<関連リンク>
STAR ISLAND 2018

  • ツイッターで最速最新情報をお届けします