8月の来日アーティスト おすすめライブ【洋楽】


2018年8月に来日するおすすめの海外アーティストをご紹介します。

来日 洋楽アーティスト ライブカレンダー

5 Seconds of Summer

オーストラリア・シドニー出身のポップ・パンク・バンド、ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー、 通称5SOS(ファイブソス)は約3年ぶりとなるニューアルバム『ヤングブラッド』を引っ提げての来日公演。最新の彼らの楽曲を楽しめる絶好のタイミングをお見逃しなく。

8月2日(木)
会場:大阪 Zepp Osaka Bayside
8月3日(金)
会場:東京 Zepp Tokyo
公演ページ

Nick Heyward

サマーソニックへの出演も決定している80年代のネオアコ/ギターポップを代表するバンド、ヘアカット100を率いたニック・ヘイワード。グループ脱退後もソロ・アーティストとしてヒット作を世に送り出してきました。待望の来日公演は全ポップフリーク必見のサマーナイトになりそうです。

8月13日(月)
会場:大阪 Billboard Live OSAKA
公演ページ
8月15日(水)・16日(木)
会場:東京 Billboard LIVE TOKYO
公演ページ

QUEENS OF THE STONE AGE

海外大型フェスのヘッドライナーを務めるなど、確固たる地位を築き続けているクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ。昨年リリースしたアルバム『ヴィランズ』は第60回グラミー賞最優秀ロック・アルバム部門にノミネートされました。そんなアルバムを携えた彼らの単独公演ではよりディープにその世界観を味わえることでしょう。

8月16日(木)
会場:東京 新木場 STUDIO COAST
公演ページ

HIGHER BROTHERS

中国の四川省・成都出身、世界で爆発的な人気を誇る4人組HIP HOPグループ、ハイヤー・ブラザーズ。彼らの楽曲は『関ジャム~完全燃SHOW』(テレビ朝日)で2017年上半期ベスト5としてtofubeatsに紹介されたことでも話題となりました。東京での貴重な単独公演は必見。

8月17日(金)
会場:東京 新木場STUDIO COAST
公演ページ

Kamasi Washington

2015年にフライング・ロータスが主宰するレーベル・ブレインフィーダーからソロアルバムをリリースしたサックス奏者、カマシ・ワシントン。スピリチュアルなジャズ・サウンドで世界中の音楽ファンを魅了しており、その実力はあのケンドリック・ラマーやスヌープ・ドッグも絶賛するほど。サマーソニックBEACH STAGEへの出演も決定しています。

8月19日(日)・20日(月)
会場:東京 Billboard Live TOKYO
公演ページ
8月21日(火)
会場:大阪 BIGCAT
公演ページ

SPARKS

活動歴50年目となるポップ・バンド、スパークス。昨年は9年ぶりのオリジナル・アルバムをリリースし、来日公演を開催しました。すでにアラ古希となるメイル兄弟ですがまだまだ現役!名曲ぞろいのステージをお楽しみに。

8月20日(月)
会場:東京 渋谷 CLUB QUATTRO
公演ページ

SEN MORIMOTO

今、世界中の音楽ファンから注目を集めているアジア発のメディアプラットフォーム「88rising」が送り出す日本人ミュージシャンセン・モリモトはサマーソニックへの出演に合わせて単独公演も開催。ジャジーなサウンドはヒップホップファンならずとも心地よく楽しめるはず。

8月20日(月)
会場:東京 代官山 SPACE ODD
公演ページ

MAX

米ソウル/ポップシンガー、マックス。大ヒット曲「Lights Down Low」は新たなウェディングソングの定番となり、今年のオスカー授賞式でのパフォーマンスも話題となりました。彼のポップなメロディと美しいハイトーンボイスをぜひお楽しみ下さい。

8月21日(火)
会場:東京 渋谷 CLUB QUATTRO
8月22日(水)
会場:大阪 梅田SHANGRI-LA
公演ページ

Cosmo Pyke

英サウスロンドン出身のシンガーソングライター、コスモ・パイク。ソウルフルなサウンドとゆるい雰囲気が心地よいだけでなく、フランク・オーシャン「Nikes」のMVに出演するなど、ミュージシャン、スケーター、モデルと多彩な才能を発揮するミレニアル世代の寵児は今後の活躍も含めて要チェックです!

8月22日(水)
会場:東京 Billboard Live TOKYO
公演ページ

text:AndMore!編集部

  • ツイッターで最速最新情報をお届けします