【2018年6月】最新の音楽トレンドをチェック!ライブ動員数ランキング


2018年6月に開催された数々のライブの会場収容人数を調査し、ライブ動員数をランキング形式で発表!今のライブシーンのトレンドをチェックしてみましょう。
2018年6月度のランキングは、以下の通りです。

順位 アーティスト名 公演数 動員数
1 Kis-My-Ft2 5 275,000
2 4 220,000
3 RADWIMPS 11 185,000
4 SEKAI NO OWARI 6 115,000
5 ゆず 7 120,000
6 小田和正 6 110,000
7 Aqours(ラブライブ!サンシャイン) 4 99,112
8 コブクロ 6 84,000
9 GENERATIONS 2 77,060
10 THE IDOLM@STER MILLION STARS 2 74,000
11 宮野真守 5 73,000
12 E-girls 7 69,000
12 松田聖子 3 69,000
13 AAA 7 65,642
14 セリーヌ・ディオン 1 55,000
15 LiSA 3 44,942
16 ゴールデンボンバー 8 34,022
17 ジェジュン from JYJ 2 34,000
18 EXO-CBX 2 32,000
18 TWICE 2 32,000
19 JUJU 11 30,334
20 ザ・チェインスモーカーズ 2 30,000

 

先月4位につけていたKis-My-Ft2が今月堂々の1位。2位は4公演で20万人以上を動員したとジャニーズ勢が強さを見せつけました。

3位には「Road to Catharsis Tour 2018」として一ヶ月間で全国11公演を回ったRADWIMPS。7、8月はアジアツアーとして中国、韓国、シンガポールなどを回ります。

4位は全国野外ツアー「INSOMNIA TRAIN」の幕を下ろしたSEKAI NO OWARI。5月に行われた公演を合わせると12公演で23万人を動員。11月からは初のファンクラブ限定ツアーが予定されています。

5位は「YUZU ARENA TOUR 2018 BIG YELL」を開催中のゆず。4月から始まったツアーもようやく半分以上が終了。まだまだしばらくランキングの常連となりそうです。

6位は先月全国アリーナツアーが幕を開けた小田和正。今月は神戸、愛知、埼玉を回りましたが、大阪2公演は地震の影響で来年1月に延期となりました。

7位はアニメ「ラブライブ!サンシャイン」に登場するアイドルグループAqours。各地でライブビューイングが行われるなど熱烈な人気が伺えます。

8位は結成20周年を迎えるコブクロ。今回のツアーはバックバンドなし。ストリートから始まった彼らの原点とも言えるスタイルで全国を回っています。

先月5公演で1位を獲得したGENERATIONSは9位。6月は福岡ドームで2公演を行いました。初のドームツアーも残すは8月の東京公演のみとなりました。

10位はゲーム「アイドルマスターシリーズ」に登場するアイドルユニット、MILLIONSTARS。こちらも全国でライブビューイングが行われており、アニメ・ゲーム×声優×ライブという組み合わせのライブはこれからもますます賑わいそう。

11位以下にはジェジュン、EXO-CBX、TWICEら韓国勢やセリーヌ・ディオンチェインスモーカーズといった海外のアーティストも多くランクインしました。

arigatou Tokyo! sold out show 17k strong! thanks for the love Japan 🇯🇵

The Chainsmokersさん(@thechainsmokers)がシェアした投稿 –

6月はお茶の間でも人気のメジャーアーティストやアニメ、ゲーム関連のアーティストの活躍が目立ちました。7、8月は大型夏フェスが注目を集めますが単独ではどんなアーティストが活躍を見せてくれるのか。来月のランキングもお楽しみに!

【2018年5月】最新の音楽トレンドをチェック!ライブ動員数ランキング


※ライブ動員数について
AndMor!編集部が調査した各会場の収容人数からチケット完売を仮定し、算出した推定値となりますので、実際の来場者数とは異なる場合があります。

text:AndMore!編集部

  • フェスや来日情報お届け中