来日決定!人気急上昇のイギリスのイケメンバンドTHE VAMPSに注目!


まずはこちらを御覧ください!

これはTHE VAMPSというイギリスのバンドですが、皆さんは知っていましたか?第2のワンダイレクションとも称される彼らは平均年齢約20歳の若手ナンバーワンの注目バンドです!

もう日本デビューも果たしている彼らは実は、去年すでに来日公演を果たしていて、その時はチケットがすぐ完売したとのこと。今回は彼らの魅力をたっぷり紹介したいと思います!

キラキラしすぎて眩しいTHE VAMPSの基本プロフィール

メンバーはヴォーカルのブラッドリー・ウィル・シンプソン(Bradley Will Simpson)、ギターのジェイムズ・マクヴェイ(James McVey)、ドラムのトリスタン・エヴァンズ(Tristan Evans)、ベースのコナー・ボール(Connor Ball)の4人。

もともとソロで活動していたギターのジェイムスがバンドを組むべきだと事務所に勧められメンバーを集めたことから始まりました。ヴォーカルのブラッドリーとベースのコナーはYoutubeを通して、ドラムのトリスタンはFacebookを通して知り合いました。

SNSを使って集められた彼らはまさに次世代型バンド。
メンバー全員イケメンなのはさながら、演奏力もお墨付き。ドラムのトリスタンは15歳にして、ピンク・フロイドのニック・メイソンやディープ・パープルのイアン・ペイス、プライマル・スクリームのダーリン・ムーニーらそうそうたるメンバーが審査員を務めた「ヤング・ドラマー・オブ・ザ・イヤー・コンテスト2010年」に出場し、最終選考まで残ったという実力者。
また、ボーカルのブラッドリーも作詞作曲編曲もすべて自分でおこなっちゃう才能溢れた男の子なのです。

SNSで繋がる次世代バンドといわれるだけあってTwitterやFacebookなどでは彼らのかわいい一面を見ることができます!

なんてお茶目なんでしょう!!ますます彼らから目が離せませんね。

もちろん楽曲もいい!

曲もすごくキャッチーで素敵なものばかり。さきほど紹介した「Can We Dance」はデビューしてまもないのに全英チャート2位を獲得した曲です。曲がいいし、演奏力高いし、加えてイケメンなので売れるのも当然な気がします。MVもメンバーの可愛さがにじみ出ていますね。

一方でこういうかっこいい曲もあります!

さきほどの「Can We Dance」と比べるとちょっと大人になった感じもありますが、メンバーの表情がとてもいいですよね。曲もやはりキャッチーで頭に残ります。

この曲は歌詞もすごく素敵です。
「So come right here and I swear I’ll never let you go(だからすぐここに来て。君を離さないって誓うから。)」だなんてこんなイケメンに歌われてしまったら世の中の女性がメロメロになってしまうのも納得です。。

そして、つい先日新しいアルバムのMVが公開されました!こちらです!

またしても大ヒットの予感です。本当にいい曲ばかりですね!

THE VAMPSが今年も来日!?

11月末にニューアルバムが世界同時発売される彼らですが、実は来年2月に来日公演が決まっています!

チケットの発売日は2015/11/07(土) 10:00からです!やはり、知る人ぞ知るイケメンバンドですからその人気は異常です。去年もはやく売り切れたとのことなので、急いでチケットを購入することをお勧めします!
来日する彼らに会って彼らの音楽に酔いしれましょう!

もしもチケットが手に入らなくてもまた近いうちに来日すると思いますし、おそらく日本のフェスにそのうち来るだろうと推測しております。この記事で彼らに興味を持った方は、来日情報やフェス出演情報を随時チェックしておきましょう!

彼らの情報をチェックするためにTwitterやFacebookなどをチェックするのもいいと思います!
Twitter日本版公式アカウント@TheVampsbandjpをフォローして情報をチェックしましょう!


THE VAMPS 来日公演
2016年2月3日(水)
会場:東京国際フォーラム・ホール A

<関連リンク>
「THE VAMPS 来日公演」チケット詳細ページ

こちらの記事も合わせてお読みください。
SNSで繋がる次世代のUKポップ・ロック・バンド、ザ・ヴァンプスが2月に来日決定!

text:渋木プロテイン

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
  • AndMore!の最新情報をお届けします
  • ツイッターで最速最新情報をお届けします

あわせて読みたい