• 2017/04/21

“ピンク・フロイドの頭脳”=ロジャー・ウォーターズ、25年振りの新作アルバムをリリース!


ピンク・フロイドのデビュー50周年の記念すべき年に、ロジャー・ウォーターズが1992年『死滅遊戯』以来25年ぶりのロック・アルバム『イズ・ディス・ザ・ライフ・ウィ・リアリー・ウォント?』を6月7日(水)にリリースすることが発表されました。(海外は6月2日発売)

ロジャー・ウォーターズの25年前のアルバム『死滅遊戯』は、第1次湾岸戦争の時代、混迷極まる90年代の世界情勢を背景にTV社会に警鐘を鳴らしたコンセプト・アルバムでした。そして、25年振りの待望の新作『イズ・ディス・ザ・ライフ・ウィ・リアリー・ウォント?』も2017年現在の世界情勢を真向から捉えられており、不安感、絶望感が渦巻くこの世界の紛争、危機、差別、環境、政治などへの怒りを込めた、この不穏な時代への断固たる意見表明、『これは我々が本当に望んだ人生なのか?』と問いかける、『アニマルズ』や『ザ・ウォール』といったピンク・フロイドの往年の名作のテーマを受け継ぐものとなっています。

『Is This the Life We Really Want?』
ロジャー・ウォーターズ Is This the Life We Really Want?

4月21日よりiTunesで予約受付が開始されます。
iTunesリンク:https://itunes.apple.com/jp/album/id1227077689?app=itunes&ls=1

今回のアルバムはナイジェル・ゴドリッチ(レディオヘッド他)がプロデュース。その他にもたくさんのミュージシャンが参加しています。
詳しいリリース情報はこちら

また、5月26日から「US+THEM」と題された大規模ワールド・ツアーを開始。北米だけで5月~10月までのロング・ラン・ツアーとなっています。巨大LEDスクリーンを使用した壮大なスケールのショウでは、PINK FLOYDの『狂気』『炎~あなたがここにいてほしい~』『アニマルズ』『ザ・ウォール』などの名作からの曲と共に新曲もプレイされ、5月から英国V&A(ヴィクトリア&アルバート・ミュージアム)でピンク・フロイド大回顧展「The Pink Floyd Exhibition: Their Mortal Remains」もスタートする予定です。

<関連リンク>
ロジャー・ウォーターズ・オフィシャル・サイト
ロジャー・ウォーターズ日本公式
ピンク・フロイド日本公式

コメントはこちらから

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
  • AndMore!の最新情報をお届けします
  • ツイッターで最速最新情報をお届けします
フェスティバル カレンダー
SUMMER SONIC 2016 LIVE REPORT

あわせて読みたい