• 2017/06/23

“全米一の愛され男”、DJキャレドが豪華ゲスト35組参加の超大作をリリース!


人気DJ / プロデューサーであるDJキャレドの最新アルバム『グレイトフル』が、本日発売となった。

クリス・ブラウン、ケンドリック・ラマー、ウィズ・カリファなど、多数のアーティストを集結させたアルバム『メジャー・キー』で自身初の全米1位を獲得して以来、1年ぶりのニュー・アルバムとなった今作。リード曲「アイム・ザ・ワン」では、不動のポップ・スタージャスティン・ビーバー、「バッド・アンド・ブージー」で全米1位を獲得したヒップホップトリオ・ミーゴスのクエヴォ、第59回グラミー賞で3部門を獲得したチャンス・ザ・ラッパー、アルバム・トータルセールス1,500万枚以上を誇るリル・ウェインの豪華4名が集結。初登場でいきなり全米/全英の両チャート1位に輝いている大ヒット曲だ。

DJ Khaled – I’m the One ft. Justin Bieber, Quavo, Chance the Rapper, Lil Wayne

DJキャレドは、レーベル<We the Best>のCEOとしても知られ、2003年から10年以上続くマイアミNo.1の人気長寿ラジオ番組<WEDR>のホストとしてもシーンを長年サポートしてきた人物。その人脈を生かし、アルバムにはいつも豪華アーティストが参加することでも有名だ。

今作では、未だかつてないほどの豪華アーティストが大集結。先ほどの4人の他、リアーナ、ジェイ-Z、ビヨンセ、ドレイク、アリシア・キーズ、ニッキー・ミナージュ、カルヴィン・ハリスなど、各シーンを代表する総勢35名の豪華ゲスト陣が参加した超大作となっている。

現在、アルバムからの一曲「ワイルド・ソーツ feat. リアーナ & ブライソン・ティラー」のミュージック・ビデオも公開中。アーバン・ミュージックの枠を飛び越えたラテン・フレイバーたっぷりのサマー・チューンだ。

DJ Khaled – Wild Thoughts ft. Rihanna, Bryson Tiller

DJキャレドは、2016年10月に第一子・アサド君が生まれたことが今作を制作するに至った原点とコメント。今年2月のグラミー賞終了後に発表した先行シングル「シャイニング feat. ビヨンセ & ジェイ・Z」を始め、すべてのアートワークで愛息アサド君を起用している。またアルバムのエグゼクティヴ・プロデューサーにも息子を抜擢し、その溺愛ぶりと共に父子で作り上げた本作『グレイトフル』へ大きな注目が集まっている。アルバム制作中、一番重要な工程は「アサドが曲を聴いて身体を揺らす事」と語っており、わずか生後8か月にして、ヒットプロデューサーとしてのキャリアをスタートさせたアサド君の今後にも期待が高まるばかりだ。

【リリース情報】
DJキャレド
アルバム『グレイトフル』

CDver.ジャケット

<輸入盤CD>
2017年7月7日(金)発売予定
※国内盤詳細は後日発表予定

<配信情報>
本日より配信スタート。

配信ver.ジャケット

iTunes: https://itunes.apple.com/jp/album/grateful/id1249168247

<関連リンク>
DJ キャレド | ソニーミュージック オフィシャルサイト

  • ツイッターで最速最新情報をお届けします