• 2017/08/17

フジロックに出演したQUEENS OF THE STONE AGEが「THE WAY YOU USED TO DO」のMV公開


リリース間近となったクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジの最新アルバム『VILLAINS』からの1stシングル「The Way You Used To Do」は、バンドの首謀者でありフロントマンのジョシュ・オムがかつてないほど軽やかに、かつダークな魂を露わにした邪悪なダンス狂想曲として、アルバム発表と同時に大きな話題となっていた。

今回Apple Musicにて先行公開された「The Way You Used To Do」のミュージック・ビデオは、ジョシュの発想を元に、ザ・プロディジーの「Smack My Bitch Up」を筆頭に、マドンナやレディー・ガガ、メタリカなどのミュージック・ビデオを手がけてきたジョナス・アカーランドが監督を務めている。

「The Way You Used To Do」の本編はこちら
プレビュー映像はこちら

ジョシュは以下のようにコメントしている。
「これは俺たちなりのキャブ・キャロウェイと映画『Hellzapoppin’』に対するトリビュートだ。これを受け入れにくいって人もいるってこともわかってるよ。それはまったく問題ない。これはドアなんだ。クローズマインドなヤツらはそっと離れてくれればいいし、そうすることでダンスフロアには、オープンマインドなヤツらがより近づくためのスペースができる。それがクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジのスピリットであり、活動を始めた頃からずっと生み出そうとしてきたものなんだよ。」

先日公開された「The Evil Has Landed」が、MOJO誌に「おそらく過去最狂にエキサイティングなクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジの楽曲だ」と絶賛されるなど、新作に対する期待が高まる中、いよいよ来週、その全貌が明らかとなる。

全米チャートで1位を獲得した前作『…Like Clockwork』以来、4年振りとなる本作には、マーク・ロンソンの他、共同プロデューサーに、長年のパートナーでグラミー賞プロデューサーのマーク・ランキン、そしてレコーディング・エンジニアには、〈Creation Records〉全盛期のマイ・ブラッディ・ヴァレンタイン、ライド、スワーヴドライヴァーらの作品に関わり、アークティック・モンキーズやフー・ファイターズも手がけるアラン・モウルダーという鉄壁の布陣を迎えている。

紛れもなく絶頂期にある彼らが、前人未踏の領域へと踏み出し完成させた2017年最高のロック・アルバム『Villains』は、8月25日 (金) に世界同時にリリース!国内盤(スリーヴケース付)には歌詞対訳と解説書が封入され、スペシャル・フォーマットとして数量限定のオリジナルTシャツ付セットの販売も決定!iTunesでアルバムを予約すると公開中の「The Way You Used To Do」「The Evil Has Landed」の2曲がいちはやくダウンロードできる。

【リリース情報】
Queens of the Stone Age
「Villains」

2017年8月25日(金)発売予定
国内盤CD(スリーヴケース付):解説書/歌詞対訳封入
スペシャル・フォーマット:オリジナルTシャツ付きセット(S/M/L/XL)
<国内盤CD>
beatkart: http://shop.beatink.com/shopdetail/000000002173
amazon: http://amzn.asia/2EaaFGD
iTunes Store: http://apple.co/2t57qWo

<Tシャツセット>
beatkart: http://shop.beatink.com/shopdetail/000000002174
amazon:
Sサイズ http://amzn.asia/1YQAgx7
XLサイズ http://amzn.asia/hsiqHfS

コメントはこちらから

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
  • AndMore!の最新情報をお届けします
  • ツイッターで最速最新情報をお届けします

あわせて読みたい