【主催者インタビュー】GREENROOM・釜萢直起「フェスティバルクリエイターでいること」


初夏に横浜赤レンガ倉庫で開催される「GREENROOM FESTIVAL」。アクセスの良さや国内外から集まる豪華なラインナップ、会場内のおしゃれな雰囲気といった魅力あふれる都市型フェスティバルとして毎年多くの人で賑わっています。

そんなGREENROOM FESTIVALの主催である株式会社GREENROOM代表取締役 CEOの釜萢直起さんに開催のきっかけや会場づくりへのこだわりなどを伺いました。

見よう見まねで初めた音楽・アートフェス

ーーー釜萢さん自身、サーフィンやビーチカルチャーとの関わりはいつ頃から始まったのでしょうか?

釜萢直起

釜萢 初めてサーフィンに出会ったのは中学生のときでした。友達の兄貴がサーフボードを持っていたので、鵠沼にみんなで遊びに行ったのがはじまりです。僕は地元が東京都町田市なんですけど、小田急線沿いのカルチャーは夏になると江の島に向かっていくんですよ。町田にいるときはスケートボードやって、夏はたまに江の島や鵠沼に遊びに行くという。
本格的にやるようになったのは18歳になってからですね。その後はオーストラリアに留学したので、そこでビーチカルチャーやサーフカルチャーというものにがっちりと出会いました。

ーーーではGREENROOM FESTIVALのイメージはそこから生まれたのでしょうか?

釜萢 オーストラリアに行ってるときは、とにかくサーフィンをしていました。その後帰ってきて友達が教えてくれたアメリカ・カリフォルニアのラグーナという町で開催されていた「ムーンシャイン・フェスティバル」というフェスに2004年に行った時にインスパイアされたんです。
そのフェスはライブもあれば、映画の上映もあったり、展示もあるという形で、すごい新しく感じて。それですぐオーガナイザーを紹介してもらって、「すごいかっこいいフェスだから、日本でもぜひやったほうがいいよ」というふうに伝えたんです。そのフェスはなくなってしまってしまったんですけど、僕は見た時点で火がついてたので「GREENROOM」という名前として継いでいきたいなと思って、2005年に独自でスタートしました。

GREENROOM FESTIVAL’05

ーーーそのフェスに出会って1年後に開催となると準備期間は相当大変だったんじゃないですか?

釜萢 音楽イベントを1回もやったことなかったので、見よう見まねで。パッションで動いてる感じでした。

ーーーそこから始まって今年で13回目になりますが、これまでで一番印象に残っている出来事ありますか?

釜萢 やっぱり1年目がすごい印象に残っていますね。今は5月に開催していますが第1回目は2月の開催で、しかも当日は雪が降って。お客さん誰も来ないんじゃないかと思いました。でも開場前に数十人お客さんが並んでいて、それには感動しましたね。自身初のイベントにお客さんが並んで待っててくれたことで、そこからさらに自分の中で火がついたきっかけでした。

ーーー初期と比べるとお客さんや会場の雰囲気は変わりましたか?

釜萢 初めの頃はお客さんの9割ぐらいは男性でした。サーファー、スケーター、ヒッピーライクな人だったり、悪いお兄ちゃんたちというかサーファーの不良の先輩とか(笑)。でも当時のお客さんの雰囲気はすごいかっこよかったです。

GREENROOM FESTIVAL’05

海へ恩返ししたい

ーーー2年前から横浜以外にもハワイで開催されていますが、こちらはどんな思いから始まったのでしょうか?

釜萢 僕はハワイでも海やサーフィンを題材にした作品を扱ったアートギャラリーをやっているので、海には恩返しというか、還元していかないといけないという考えなんです。それをビーチのカルチャーを伝えていくということで果たしたいと思っているので、そこは日本であれハワイであれ、自分が商売をしている場所では同じことをしていきたいと思っています。
方向性としては、今の横浜とハワイと、さらに機会があればカリフォルニアでも開催して太平洋を結んでいきたいですね。

ーーー写真で見ましたが素敵なロケーションですよね。

GREENROOM
GREENROOM FESTIVAL Hawaiiの会場

釜萢 すごく楽しいですよ。ハワイのダイヤモンドヘッドというところがあるんですけど、そのふもとにワイキキシェルというハワイ最古の音楽堂があるんです。神聖な場所という言い方もあれですけど、音の鳴りも、ステージがシェル型になっていてすごくいいんですよ。

ーーーラインナップは日本と現地のアーティストが出演するスタイルなんですね。

釜萢 日本のアーティストもどんどんハワイやアメリカに紹介していきたいし、それはミュージシャンだけでなく、ペインターやフォトグラファーも同じです。ハワイは日系人も多いので、みんな日本の人とか、日系人とか気にしないですね。僕もそうですし。

ーーーハワイも横浜も出演者のラインナップはどんなこだわりがありますか?出演してほしいアーティストやラインナップのイメージなどあるのでしょうか?

釜萢 それは自分の中に秘密のリストみたいなものがあります(笑)。こだわりはやっぱりフェスなのでライブのクオリティーが一番重要ですね。

GREENROOM

1 2

コメントはこちらから

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
  • AndMore!の最新情報をお届けします
  • ツイッターで最速最新情報をお届けします
フェスティバル カレンダー
SUMMER SONIC 2016 LIVE REPORT

あわせて読みたい