伝説のライブ!サマソニで起きた奇跡まとめ vol.2


前回に引き続き、「SUMMER SONIC」奇跡のライブまとめ第2弾!今回もサマソニで起きた伝説ライブを3つご紹介!

ファンの愛が会場を埋め尽くしたライブ Guns N’ Roses【2002】

Guns-N'-Roses
「SUMMER SONIC 02」のヘッドライナーを務めたガンズ・アンド・ローゼズ。2012年にはロックの殿堂入りした彼らですが、フロントマンのアクセル・ローズがライブに遅刻したりドタキャンしたりすることはファンにとっては知れた話。

この日のライブも、開演時間は過ぎているのになかなかメンバーが現れません。オーディエンスに動揺が広がり、「ドタキャン」という言葉も脳裏によぎります。

待つことなんと約50分!ついにステージが動き出します。そこにはアクセルが、メンバーの姿が!あきらめずに耐えたオーディエンスの歓喜の声が会場中に響き渡ります。そして1曲目「Welcome To The Jungle」を皮切りに、2時間ものアツい演奏が行われました。

(映像は1988年のものです)
当時の「SUMMER SONIC 02」スタッフが書いたライブレポートに、このアツいライブの模様とガンズへの愛情が溢れていましたので引用します。


さて、とうとう本日の最終アーティストとなってしまいました。
トリをつとめたのは、長い長ーい沈黙をやぶり約9年振りの来日。
GUNS N’ ROSES!

8/14(水) に香港でLiveを行いそのまま日本にはいって来たとのこと。
ステージはなかなか始まらず、GUNSを待つファンは千葉マリンスタジアム全体をうめ尽くしました。
幾度となくくり返される人のウエーブ。観客全員がGUNSの登場を今か今かと待ち焦がれていました。

そして、登場。。。その圧倒的な存在感に驚きました。
ものすごい迫力とパワーと衰えを知らない声の張り。感動しました。ステージから火も噴いたし、花吹雪も、花火も…でもそんな演出よりも、アクセルさん、いや、GUNS全体が泣きたくなるくらい、凄かった。。

会場はオールスタンディング。そして曲にあわせてペンライトが光り、とてもきれいで…
今この時、このスタジアムは完全に外の世界とは分離され、GUNSと私達観客だけの世界になりました。

GUNS N’ ROSESは時間、時代を超えて健在。そして君臨。


Axl Rose
なお、このライブは専属カメラマン以外の写真撮影が禁止だったため、データがほとんど残っていません。生で見た人々の心にのみ色濃く残る、まさに「ガンズ愛」が生んだ伝説のライブとなりました。

幕張メッセが伝説のダンスフロアと化した夜 Daft Punk【2006】

Daft Punk
「SUMMER SONIC 06」のマウンテンステージのヘッドライナーを務めたダフトパンク。アルバム『Discovery』や『Human After All~原点回帰』などが日本でも大ヒットしていたダフトパンクですが、国内でフルセットライヴをするのは今回が初めてだったため、会場は人で埋め尽くされ、入場規制までかかる騒ぎに。

ステージは幕で隠されていて、何がはじまるのかとオーディエンスの期待が高まります。そして、会場が暗転し幕があがると、ステージ上には白い三角形の大きなピラミッドと、上部にいる2人のロボットの姿が!1曲目「ROBOT ROCK」がはじまると、会場のテンションは一気にヒートアップ!

演奏された曲はライブ仕様にアレンジされたものやマッシュアップされたものばかりで、CDとは一味も二味も違う魅力があります。また、ピラミッドは曲にあわせて色や光を変え、神々しささえ感じさせます。ヒット曲「one more time」がはじまると、オーディエンスは恍惚の表情を浮かべて大合唱しました。
国内のフェスにダフトパンクが出演したのはこの一度かぎり。再度サマソニで伝説を起こしてほしいと思う今日この頃です……。

空をも彩る奇跡のパフォーマンス Rihanna【2012】

Rihanna
「SUMMER SONIC 2012」ヘッドライナーのリアーナは、古代エジプトを模したステージやパフォーマンスでステージを飾ります。アンコールはシングルとしても発売し全世界でヒットした「We Found Love」。会場のテンションは最高潮に達しようとしていたまさにそのとき、奇跡の演出が起こったのです。

サマソニ恒例のマリンステージの打ち上げ花火は、周囲への配慮のために夜9時ごろの打ち上げを予定しています。タイムテーブル通りにいけば、ライブが終わった直後に花火が打ち上がるのですが、この日は時間が押していました。

そして「We Found Love」の終盤、長い間奏からサビに入るという最も曲が盛り上がるタイミングに、花火が音をたてて空を輝かせたのです!バルーンや紙吹雪も会場中に舞い踊り、オーディエンスは熱狂の渦!ライブが終わったあとも観客たちの熱はなかなか収まりませんでした。

(「We Found Love」は3:52あたりから)

ライブでしか味わえない奇跡の数々。今年はどんな伝説が起こるのか、来月にまで迫った「SUMMER SONIC 2015」に期待が高まります!

<関連リンク>
「SUMMER SONIC 2015」

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
  • AndMore!の最新情報をお届けします
  • ツイッターで最速最新情報をお届けします

あわせて読みたい