• 2017/12/11

ロックなステージで観客をノックアウト!ハリー・スタイルズ来日公演ライブレポート


ワン・ダイレクションのハリー・スタイルズが、先週12月7日(木)・8日(金)にソロとしては初の来日公演を開催した。

<ハリー・スタイルズ来日公演ライブ・レポート>
2017年12月8日(金)
東京 EX THEATER ROPPONGI

「日本と東京が大好きだからここでツアーを終えたかった」。そう語ってオーディエンスを湧かせたハリー・スタイルズは、9月に始まった初のソロ・ツアーの第一部最終公演を12月8日、東京のEX THEATER ROPPPONGIで敢行。ファースト・アルバム『ハリー・スタイルズ』の全収録曲にフリートウッド・マックなどのカバーを加えた、計15曲を披露した。

ハリー・スタイルズ

ワン・ダイレクション時代は考えられなかった小さな会場とあって、興奮し切ったファンの前に、深紅のグッチのスーツをまとい、ギターを抱えて登場した彼。4人編成のバンドを従えて、アップビートな曲ではミック・ジャガーを思わせる挑発的な身のこなしを見せ、歌声も以前よりタフに響かせて、存在感満々のロックンローラーに変身を遂げていた。

ハリー・スタイルズ

ワン・ダイレクションの『ストックホルム・シンドローム』と『ホワット・メイクス・ユー・ビューティフル』も、思い切りロックにアレンジして聴かせるが、あちこちで日本語のMCを挿んだりと(「ニホンニスミタイ!カエリタクナイ!」などなど)、サービス精神の旺盛さは相変わらずだ。

ハリー・スタイルズ

サービス精神と言えば、アンコールでもこの日だけの素敵なサプライズを用意していた。いきなりフロアを見下ろすバルコニーに現れたハリーは、マイクも使わずに、アコギの弾き語りでリトル・ビッグ・タウンの『Girl Crush』を歌ってくれたのである。その後大ヒット曲『サイン・オブ・ザ・タイムズ』でショウを締め括ると、お馴染みの「ガンバリマース!」の掛け声をキメて、たくさんの投げキスを送りながらステージをあとにした。

Text:新谷洋子

セットリスト
Ever Since New York
Two Ghosts
Carolina
Sweet Creature
Only Angel
Woman
Meet Me In The Hallway
Just a Little Bit of Your Heart (アリアナ・グランデ カバー)
Stockholm Syndrome (ワン・ダイレクション)
What Makes You Beautiful (ワン・ダイレクション)
Kiwi

アンコール:
Girl Crush (リトル・ビッグ・タウン カバー)
From The Dining Table
The Chain (フリートウッド・マック カバー)
Sign of the Times

来年5月にはさらに規模を拡大したツアーで再び日本に帰ってくる。次はどんなステージをいせてくれるのか、お楽しみに!

■2018年 ハリー・スタイルズ来日公演
5月10日(木)
会場:大阪 神戸ワールド記念ホール
5月12日(土)
会場:東京 幕張メッセ
詳しい公演情報はこちら

  • ツイッターで最速最新情報をお届けします