クイーンのタイ・バンコク公演に行ってみた〜海外遠征のススメ〜


先日、QUEEN+アダム・ランバートとして来日し、日本武道館公演を大成功におさめたクイーン。

日本公演は本当に最高でしたが、せっかくなので海外公演にもチャレンジしてみようと思い、このアジアツアーの最終日の舞台となったタイ・バンコクに遠征しました!

More beauty than my tiny beleaguered brain can take in. Bri

Brian Harold Mayさん(@brianmayforreal)が投稿した写真 –

タイ到着からコンサート会場まで

タイは雨期に入っており、とても蒸し暑く毎晩雨が降っていました。
1

2
タイフード

チケットの交換は、ライブ本番の一週間前にショッピングモールのチケットカウンターで済ませました。(パスポートの提示が必要だったので持ち歩きましょう。)

そしていよいよ、ライブ本番当日。
コンサート会場は、多くの著名アーティストがライブをしてきたバンコク屈指の大型アリーナ「インパクト・アリーナ(Impact-Arena)」です。

会場までタクシーだとバンコクの中心部から200バーツ以上、日本円で600円以上かかります。バスだと32バーツで到着。だいたい96円くらいです。私はバスで行きました。
タクシーの場合、運転手に高い金額をいわれることがあるので気をつけましょう。

4
そして会場に到着!こちらがインパクト・アリーナです。

グッズ売り場を覗くとこんな感じでした。
5
日本の場合、開場何時間も前から観客がいてグッズ列に並ぶものですが、4時間前の段階では、スタッフの人たちはまだくつろいでいて、お客さんも全然いませんでした。

また、日本の武道館公演では、日本限定グッズがたくさん用意されていたのですが、タイ公演ではタイオリジナル一切なく、アジアツアーグッズのみでした。

日本で買いそびれたフレディ・マーキュリーのチャリティTシャツを購入。クレジットカード使えました。

会場には様々な飲食店が立ち並んでいました。
6

78
まるでフェス会場のようなブースもたくさん。テレビの取材もしていました。

とくに印象的だったのは、会場でタイのコピーバンドがOasisやRadioheadなど洋楽ソングをずっとカバーして演奏していたことです。
9

タイでは、レストランやバーなどで、地元のバンドが生演奏をするのがスタンダードなようで、まるでフェス会場や地元のバーに来たかのような和気あいあいとした会場の雰囲気に、とても驚きました。日本公演とは全くちがいました。

また、わたしはVIPチケットを購入していたので、このようなグッズをもらいました。
10
Bangkok2016と書かれている、とてもレアなグッズです!

VIP席購入者のみが利用できるVIPラウンジもあり、唐揚げやフルーツ、タルトなどさまざまな軽食が食べ放題でした。
雰囲気を例えるなら、サマソニのプラチナラウンジのような感じでした。

VIPのチケット代は8000バーツで手数料含めてだいたい25000円程度です。席は日本とは違い、早いもの勝ちの指定席です。

早く決断したので、アリーナの前の方の席をゲットできました。

いよいよ本番

20:30スタート予定でしたが、30分以上遅れてスタートしました。

開演前には観客が「We Will Rock You」を大合唱したり、自発的に会場全体でウェーブをしたり、もう始まる前からテンションがめちゃくちゃ高くて驚きました。日本の会場の雰囲気とは全くちがうのです!

日本では、開演前、緊張感が会場を支配していますが、タイはまるでパーティ前のような雰囲気でした。
11
そして、いよいよクイーンが登場!

クイーンにとっては初めてのタイ公演。
しかし、初めてとは思えないほど、大盛り上がり!

とくに印象的だったのは、観客たちの歌いっぷり。
ブライアンのアコースティックステージで演奏される「Love of My Life」では「一緒に歌おう」と、どの会場でもブライアンが観客を促しているのですが、隣の人も反対側の隣の人も、びっくりするくらい大声で大合唱していました。
歌詞がわからなくても音程に不安があっても、誰も恥ずかしがらず堂々と歌う、これが日本との違いかなと思いました。

おかげで私も、武道館公演のときより大きな声で気持ち良く歌うことができました!

また、演奏中も、体を大きく動かしてダンスしたり、隣の人とハグしたり、Tシャツを脱いだりと、観客たちは己が思うままにライブを楽しんでいるようでした。
ライブ中は周りの目を気にせず思う存分楽しみたい、そんな人に海外公演はおすすめです。

ブライアンは途中、タイ語で挨拶をしていましたが、武道館で日本語で挨拶したときよりも苦労しているようでした。
こうして、ツアーで周ったすべての国の言語を毎回覚えているのかと思うと、博士は本当に頭が良くてマメな方だと思いました。


初めてのタイ公演にもかかわらず、観客の歓声やレスポンスが予想外に素晴らしかったせいか、ブライアンが少しうるっときているように見えました。これぞ、全世界で愛されているクイーン。きっと彼らがまだ訪れていない地でも、愛されていると思います。

タイ公演では、日本公演で披露された日本語曲「手をとりあって」や、日本での思い出の映像が流れる「These Are the Days Of Our Lives」、日本では人気曲である「I Was Born To Love You」の演奏はありませんでした。

フレディとジョンが活躍していた時代のクイーンが唯一アジアでライブをした日本は、クイーンにとっては特別な国で、日本用のスペシャルなセットリストを用意してくれていたと思うと嬉しくなりました。

肝心のライブは、あいかわらず最高。言葉にできない感動が私を包んでいました。ずっと涙が止まりませんでした。

長かったツアーファイナルのせいか、アダムも感極まっているような気がします。

クイーン、本当にお疲れさまでした!またアジアツアーやってほしいです。

SET LIST
Seven Seas of Rhye
Hammer to Fall
Stone Cold Crazy
Fat Bottomed Girls
Don’t Stop Me Now
Killer Queen
Somebody to Love
Love of My Life
A Kind of Magic
Drum Battle
Under Pressure
Crazy Little Thing Called Love
Another One Bites the Dust
I Want It All
Who Wants to Live Forever
The Show Must Go On
Guitar Solo〜Last Horizon
Tie Your Mother Down
I Want to Break Free
Bohemian Rhapsody
Radio Ga Ga

Encore:
We Will Rock You
We Are the Champions
God Save the Queen

終演後

会場では深夜12時までお祭り騒ぎでした。

12
ドリンクチケットでビールをゲット!タイのシンハービールは、とても飲みやすいビールでした。

開演前に演奏を披露してたコピーバンドがクイーンの楽曲を披露していました。

タイの思い出。クイーンライブ後のコピーバンド

puroteinoyaziさん(@puroteinoyazi)が投稿した動画 –


興奮冷め止まない観客たちは大盛り上がり。

海外遠征のススメ

初めて海外公演に参戦してみて感じたことは、日本の会場の雰囲気との、圧倒的な違い。
大きな声で自分を解放してライブに参戦したい人はぜひとも好きなアーティストの海外公演に足を運んでみてほしいと思いました。
自由なライブを楽しみたい方におすすめです。

今回、クイーンを観たくて一人で海外に行って最初は不安でしたが、現地の人は優しい人が多くて、道案内など親切にしてくれる人が多かったです。

行ってみてよかったです。
さあ、恐れることなんてありません。ライブを観に、海外へ足を運んでみましょう!


QUEEN + Adam Lambert LIVE IN BANGKOK
2016年9月30日(金)
会場:インパクト・アリーナ(IMPACT ARENA)
<関連リンク>
クイーンタイ公演

text:渋木プロテイン

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
  • AndMore!の最新情報をお届けします
  • ツイッターで最速最新情報をお届けします
  • インスタグラムはじめました
フェスティバル カレンダー
SUMMER SONIC 2016 LIVE REPORT

あわせて読みたい