初開催!ウエディングをテーマにした野外フェス「Tokyo Wedding Showcase」レポ


「6月に結婚すると幸せになれる」と言い伝えられているジューンブライドにあたる2018年6月23日(土)、24日(日)の2日間に渡り、代々木公園イベント広場にて、日本最大級のウエディングフェスティバル『Tokyo Wedding Showcase』が初開催されました。

会場となった代々木公園イベント広場には、ウエディングドレスやアクセサリーの展示ブース、ブーケやスワッグ作りのワークショップを体験できるブース、フードカーなど約30店舗が出展。

初日の6月23日(土)は雨天の中でしたが、ステージではヨガの無料レッスンにはじまり、インスタグラマーによるトークショーやドレス&ヘアショーなどが行われました。

また、夕方にはMs.OOJA、May J.といった人気女性シンガーがラブソングを熱演。

Ms.OOJA
Ms.OOJA
May J.
May J.

初日と打って変わり快晴となった2日目の6月24日(日)は、ヨガやトークショーに加え、近年増加している挙式スタイル「人前式」が行われました。

この日、事前応募から1組限定で選ばれた新郎新婦が行ったのはラップで愛を誓う「RAP人前式」。人気ラッパー、KEN THE 390が初演出をし、多くの人に見守られる式となりました。

人前式の感動がさめやらぬうち、ステージでは一青窈、スキマスイッチがパフォーマンスを披露。

一青窈
一青窈
スキマスイッチ
スキマスイッチ

夕陽をバックに会場全体が暖かい気持ちに包まれながら、今年初開催となった「Tokyo Wedding Showcase」の幕が閉じました。


Tokyo Wedding Showcase
2018年6月23日(土)、24日(日)
会場:東京 代々木公園イベント広場

<関連リンク>
Tokyo Wedding Showcase

  • ツイッターで最速最新情報をお届けします