少人数に最適なサイズ感!DOD人気の「カマボコテント」シリーズにミニサイズ登場


アウトドア用品ブランド「DOPPELGANGER OUTDOOR」の人気シリーズ「カマボコテント」より、少人数用の2ルームテント「カマボコテントミニ」が9月に発売されます。

「カマボコテント」は日本ならではの気候やキャンプサイトの大きさに合わせて設計された、オールシーズン対応の2ルーム型トンネルテントです。そして快適性はそのままに、少人数での理想のサイズに見直したのが「カマボコテントミニ」。カップルや3人家族など2〜3人にちょうど良いサイズなので、これからの秋キャンプに是非活用してみてください。

「カマボコテントミニ」3つのおすすめポイント

<1.リビング&寝室が一体型の2ルームで設営も簡単>

イメージ写真01

一般的なキャンプでは、寝室用のワンルームテントと日差しを避けるリビング用のタープの2つを設営する必要があります。「カマボコテントミニ」は寝室とリビングの両方のスペースを持つ2ルーム構造。3本のポールを生地のスリーブに通してペグダウンするだけで設営が完了します。余った時間を他のアクティビティに使うことができます。

<2.日本のキャンプサイトに合わせたサイズ設計>

イメージ写真02

「カマボコテントミニ」は最小で3×5.5mのスペースに設営可能。クルマの横付けが可能なキャンプサイトであれば、面積が6×6m程度しかなくてもミニバンを駐車し、テントを設置できます。サイト内にクルマを駐車できれば、キャンプ用品の運搬の手間を最小限に抑えられます。

<3. 夏も冬も快適なオールシーズン仕様>

イメージ写真03

夏キャンプの悩みである蒸し暑さを避けるため、「カマボコテントミニ」はリビングスペースのドアをポールではね上げるキャノピー仕様となっています。インナーテントにおいても前面ドアにフルメッシュを採用、後面のメッシュ窓も大きめに設計。冬は、テント生地の下から風が入り込むのを防ぐスカート付きのため、暖かく過ごすことができます。さらにアウターテントの窓も雨天時でも風だけ通すよう工夫し、通気性に配慮しています。

■商品詳細
【ブランド名】DOPPELGANGER OUTDOOR(ドッペルギャンガーアウトドア)
【製品名】カマボコテントミニ
【型番:カラー】T3-488:ベージュ×オレンジ
【サイズ】組立時外寸:(約)W2500×D5000×H1750mm
    インナーテント:(約)W2300×D2200×H1650mm
    収納時:(約)W680×D260×H260mm
【重量】(約)11.5kg
【収容可能人数】大人3名
【最低耐水圧】アウターテント:3000mm、フロア:5000mm
【材質】アウターテント:150Dポリエステル(防炎&UVカット加工済み)
    フレーム:アルミニウム(AL7001)
    インナーテント壁面:75Dポリエステル(防炎加工)
    インナーテントフロア:210Dポリエステル(PUコーティング)
【付属品】ペグ、専用キャリーバッグ、取扱説明書
【製品ページ】http://www.doppelganger-sports.jp/product/t3_488/

なお「カマボコテントミニ」は9月16日(土)から18日(月)にかけて滋賀県マキノ高原で開催される「OUTING CAMP 2017」にて先行受付、9月下旬にはWEBにて一般発売が開始される予定です。詳しくはこちら

<関連リンク>
DOPPELGANGER OUTDOOR 公式サイト

text:AndMore!編集部

コメントはこちらから

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
  • AndMore!の最新情報をお届けします
  • ツイッターで最速最新情報をお届けします

あわせて読みたい