「フジソニック2017」出演アーティストを全員チェック!


9月に入り、今年もフジソニックの開催が近付いてきました。今年の出演アーティストは、なんとDJダイノジ以外は全員初出演。どのアーティストも見逃せませんね。それでは全出演アーティストをご紹介します。

THE King ALL STARS

THE King ALL STARSは大御所・加山雄三を中心に結成されたロックバンド。MONGOL800のキヨサク、The HIATUSのウエノコウジ、スチャダラパーなどのスターミュージシャンが集まり生み出されるグルーヴィーなステージは必見。もちろん過去の名曲もあり、老若男女楽しめるはず。

TRF

今年のサマーソニックが大盛況だったことも記憶に新しいTRF。小室哲哉がプロデュースした数々のヒット曲は、若い人でもどこかで耳にしたことがあるはず。ノリの良い楽曲は世代を超えて盛り上がること間違いなし。フジソニックでもみんなで踊りましょう。

フジファブリック

フジファブリックは故・志村正彦によって結成されたロックバンド。現メンバーはフロントマンを失ったあとも活動を続け、昨年末には9thアルバムをリリースしました。DJダイノジもよく使用する「若者のすべて」は夏の終わりに開催されるフジソニックでぜひ演奏して欲しい曲。

POLYSICS

今年デビュー20周年を迎えるPOLYSICS。つなぎと目隠しのビジュアルも印象に残りますが、彼らの魅力は何と言ってもライブにあります。音源と同じクオリティをサポートメンバーなしで演奏する姿は迫力満点。盛り上がらないわけがない!独特のピコピコサウンドで存分に踊りましょう。

MUCC

MUCCは、ガンズ・アンド・ローゼズ来日公演のオープニング・アクトや海外のメタル系フェスティバルへの出演など、国内外問わず活躍中のヴィジュアル系ロックバンド。今年で結成20周年を迎え、6年ぶりの日本武道館公演を行ったことでも話題になりました。アニバーサリーイヤー真っ盛りの彼らのステージは見逃せません。

Creepy Nuts

MCバトル日本一のラッパー「R-指定」とターンテーブリスト兼トラックメイカーの「DJ 松永」による1MC1DJユニットCreepy Nuts。今年はメジャーデビューが決定し、クラブやライブハウスから大型フェスまでイベントに引っ張りだこ。R-指定お得意のお客さんからお題を集めて披露する即興ラップはライブならではのお楽しみ。

ベッド・イン

地下セクシーアイドルのベッド・インは、バブル時代を思わせる風貌やMVの演出、歌謡曲を彷彿させる歌詞など、圧倒的な世界観でファンを魅了しています。サマーソニックではライブの他、放水ガールとして活躍していたことでも話題になりました。若者もバブル世代も一緒に盛り上がりましょう!

BiSH

昨年メジャーデビューを果たしたBiSHは、楽器を持たないパンクバンドを名乗る女性アイドルグループ。アイドル界の中でもエモーショナルな歌声とその歌唱力の高さ、ロックバンドのような楽曲でファンの心を掴んでいます。今年1月から行われたツアーも各地満員御礼。勢いに乗っている彼女たちのステージを見届けましょう。

ANTHEM

日本のメタル界を代表するANTHEM。1992年に解散しましたが、2001年に再結成、現在も熱狂的なファンに支持されています。1985年のデビュー以来、度重なるメンバーチェンジを経て前進し続ける、今の彼らはどんなステージを披露してくれるのでしょうか。ファンならずとも一見の価値あり。

DJダイノジ

このフェスで忘れちゃならないのがDJダイノジ。実はフジソニック・マグロックはダイノジ主催の野外フェス「マグロックフェスティバル」がきっかけで始まったのです。これまで毎年出演しており、今年も静岡を熱く盛り上げてくれるはず。お楽しみに。

BiS

BiSはBiSHの前身となるアイドルグループ。結成から約3年半、過激なMVやファンとのハグ会など、アイドルとは思えない破天荒なプロモーション手法で話題になりました。2014年に解散するも、昨年再結成。これからまたどんな伝説を残してくれるのか、今後の活躍から目が離せません。

Phantom Excaliver

メタルファンから今じわじわと注目を集めている4人組メロディック・スピード・デスメタル・バンドPhantom Excaliver。ネタ・バンドと言われてしまうMVやメンバーのキャラクターには衝撃をうけること間違い無し。ライブでのMC&パフォーマンスも話題となっており、とにかく一度ライブを観ることをおすすめします。

ゆるめるモ!

ゆるめるモ!は「(窮屈な世の中を)ゆるめる」というメッセージと「You’ll melt more!(あなたをもっとトロけさせたい)」という2つの意味を持って誕生した脱力支援アイドル。かわいらしいルックスとかっこいいバンドサウンドの融合にハマる人が続出。人気上昇中の彼女たちのステージは必見です。

小林太郎

静岡県浜松市出身のシンガーソングライター小林太郎。耳に残るかっこいいギターリフや伸びのある歌声に加え、ライブでのゆるいMCも人気の秘密。デビュー当初から「ROCK IN JAPAN FES」や「SUMMER SONIC」などの大型フェスに出演したことでも話題になりました。フジソニックではどんなステージを見せてくれるのか期待が高まります。

緑黄色社会

緑黄色社会は男女4人組バンド。2013年には数々の人気アーティストを生んだ10代音楽フェス「閃光ライオット」にて準グランプリを獲得。今年は初の全国流通盤ミニアルバムをリリースし、マンライブを実施しました。秋冬には初の東名阪ワンマンツアーを行うなど、着実に前進している彼らを見届けましょう。

Sano ibuki [出れんの!?サマソニ!?/フジソニック賞]

東京を中心に活動中のシンガーソングライターSano Ibuki。「出れんの!?サマソニ!?2017」で応募総数約3500組の中から見事グランプリを獲得した実力派。サマーソニックに引き続き、フジソニックにも初出演します。期待のニューカマーをぜひチェックしてみて下さい。

予習なしでも楽しめるアーティストばかりですが、これで当日はもっと楽しめるはず!チケットの確保はお早めに。

今年で開催3年目!新しい秋の風物詩「フジソニック・マグロック2017」に注目


フジソニック2017
2016年9月30日(土)
会場:静岡 清水マリンパーク内イベント広場

<関連リンク>
フジソニック2017

text:AndMore!編集部

コメントはこちらから

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
  • AndMore!の最新情報をお届けします
  • ツイッターで最速最新情報をお届けします

あわせて読みたい