ついに活動再開!10年振りにサマソニ出演するブラック・アイド・ピーズの名曲11選


今年のサマーソニック第4弾で出演が発表されたブラック・アイド・ピーズ。2007年にサマーソニックのヘッドライナーを務めて以来、10年ぶりの出演となります。2011年から活動休止していましたが、新しいアルバムも完成間近と言われており、今年はいよいよ本格的に活動を再開するようです。

そこで今回は彼らの名曲を振り返ってみましょう。

I Gotta Feeling

2009年にリリースされ、ビルボードランキング14週連続1位を記録し、大ヒットソング。昨年のサマーソニックではファーギーがラストにこの曲を披露してステージを沸かせてくれました。フェスやクラブで絶対に盛り上がる、彼らの代表曲と言えるでしょう。また、デヴィッド・ゲッタがプロデュースしたことでも有名で、彼は今年の来日公演でも選曲していました。

Boom Boom Pow

初めてBillboard Hot 100で1位を獲得したのがこの曲です。その後、12週連続で1位を維持し、後にリリースされた「I Gotta Feeling」と合わせて2009年4月から26週間もの間、連続で1位を獲得していました。エレクトロ路線へと大胆に方向転換したアルバム「The E.N.D.」の1曲目に収録されているインパクト大の楽曲。

Where Is The Love?

2003年にリリースされた大ヒット曲。2001年9月11日に発生した同時多発テロ事件の後に作られ、差別や暴力があふれる社会に、「愛はどこへ行った?」と疑問を投げかけています。
また、2015年11月に発生したパリの同時多発テロ事件や、アメリカで相次いだ警官が黒人を射殺する事件など、世界情勢を受けて、この楽曲のリメイク版「#WHERESTHELOVE」を昨年リリースしました。「the World」というクレジットでジャスティン・ティンバーレイク、エイサップ・ロッキー、アッシャーなど14組のアーティストが参加しています。クインシー・ジョーンズ、スヌープ・ドッグ、オマリオン、ウィズ・カリファらが出演しているMVにも注目です。

#WHERESTHELOVE ft. The World

Hey Mama

2003年にリリースされた、3枚目のアルバム「Elephunk」に収録されている楽曲。このアルバムからファーギーが加入して人気が加速し、一気に地位を築いていった時期です。アルバムリリースと同時期にこの曲が日本でiPodのCMソングに起用され、人気を確立しました。懐かしいですね。

Let’s Get It Started

こちらも「Elephunk」収録曲。リリース当初は「Let’s get Retarted」という曲名でリリースされましたが、アルバムリリース後にNBAの公式ソングとして起用されたことをきっかけに、タイトルと歌詞の一部を変更し「Let’s Get It Started」としてシングルカットされました。タイトル通りここから4人で始めようとノリ良く歌っています。

My Humps

2,000人のダンス・エレクトロニック・ミュージックファンによって投票された「最も酷い歌詞」のワースト1位になるなど、歌詞の内容について当時物議を醸した楽曲。しかし、結果的には米Yahoo!ミュージックが発表した21世紀シングルセールスランキングで3位、YouTubeでの再生回数は3億回以上でその人気を物語っています。

Pump It

4枚目のアルバム「Monkey Business」の1曲目を飾るのがこれ。「猿でもわかる、いい音楽」というキャッチコピー通り、つかみはバッチリ。元ネタはディック・デイル&デル・トーンズの「Misirlou」です。映画「Taxi4」のテーマソングになり、現在もテレビ東京系「出没!アド街ック天国」など、日本のテレビ番組でも挿入歌として使用されています。一度は耳にしたことがあるのでは?

Don’t Lie

ジャクソンズの「This Place Hotel」がサンプリングされたイントロから始まる、リゾート感たっぷりの心地いいポップチューン。ブラック・アイド・ピーズの楽曲の中では特に爽やかな、サーフっぽい雰囲気は夏にぴったり。

The Time (Dirty Bit)

6枚目のアルバム「The Biginning」のリードシングル。映画「ダーティ・ダンシング」の主題歌になった全米No.1ソング「(I’ve had) the time of my life」のフレーズが落とし込まれており、どこか懐かしさを感じるエレクトロチューン。EDMが好きな人にもおすすめです。

Just Can’t Get Enough

こちらも「The Biginning」収録曲。2011年に公開されたこのMVは、東日本大震災1週間前の東京で撮影されたものです。日本へ向けたメッセージから始まり、赤十字への募金を呼びかけるアナウンスで締められ、私たちをとても勇気付けてくれました。そしてこの年から彼らは無期限の活動停止に突入したのでした。

Yesterday

2015年に結成20周年を記念して活動再開した時にリリースした楽曲。彼らが影響を受けたブラック・シープ、ディガブル・プラネッツ、ATCQなど黄金時代のヒップホップアーティストが数多くサンプリングされており、ヒップホップファンにはたまらないサウンド。エリカ・バドゥの「Honey」に似てると指摘されたMVについては、本人も「私のアイディアを少し借用したのかしら…」とツイートしたことで話題になりました。

以上、ブラック・アイド・ピーズの名曲まとめでした。他にもたくさんあるので興味がある人は聴いてみてください。そして、10年振りのサマーソニックではどんなステージを見せてくれるのでしょうか?ファンならずとも絶対に見逃せません。お楽しみに!


SUMMER SONIC 2017
2017年8月19日(土)〜8月20日(日)
会場:千葉 ZOZOマリンスタジアム&幕張メッセ/大阪 舞洲サマーソニック大阪特設会場

<関連リンク>
SUMMER SONIC 2017

text:つん子

コメントはこちらから

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
  • AndMore!の最新情報をお届けします
  • ツイッターで最速最新情報をお届けします
フェスティバル カレンダー
SUMMER SONIC 2016 LIVE REPORT

あわせて読みたい