【サマソニ東京ステージ紹介】世界レベルのアーティストが揃うマウンテンステージ


サマーソニックの東京会場にはラインナップやロケーションなど、それぞれに特色を持ったステージが8つ存在します。

そんな各ステージの魅力を解説。今回は幕張メッセ内にあるマウンテンステージです。

世界レベルのアーティストが集結

マウンテンステージ

マウンテンステージの収容人数は2万人、サマーソニックでは2番目に大きなステージです。このステージに出演するのは世界レベルのアーティストばかり。これからの活躍が期待される新人から大御所アーティストまで幅広いラインナップとなっています。この広い空間さえも入場規制にしてしまうほどのアーティストもいますから注目株揃いといえるでしょう。ヘッドライナーには海外フェスでもヘッドライナーとして名を連ねる豪華アーティストが出演。マリンステージのヘッドライナーとどちらを観るか頭を悩ませる人も多いようです。

マウンテンステージのライブの魅力は?

マウンテンステージ

室内ステージであるマウンテンステージはライティングの演出が魅力的。幕張メッセで一番大きなステージなのでダイナミックなステージングが楽しめます。室内は空調も効いているので快適。メッセ内は各ステージの距離も短いので移動がスムーズです。

プラチナエリア

またステージ前方にはプラチナエリア、他にもハンディキャップエリア、お子様専用エリア「KIDSZONE」も設置されています。

今年の出演アーティストは?

出演者

今年のマウンテンステージ、19日は前半はハイ・タイドコミュニオンズデュア・リパザラ・ラーソンと世界基準で注目のアーティストがずらり。ここから未来のヘッドライナー級のアーティストが誕生するかもしれないと思うと、新人とはいえぜひチェックしておきたいところ。そこへ日本からは30周年のエレファントカシマシと初出場にしてこのポジションをゲットしたSuchmos。そしてフェニックスカサビアンで踊って締めるというここから動けなくなりそうなラインナップとなっています。

20日はLittle Glee Monsterからジャスミン・トンプソンというティーンエイジャーの若々しいしいリレーから、80’sディスコを代表するシンガーリック・アストリーが登場。そしてデイヤジー・イージーと今後日本でも人気を呼びそうなアーティストが続き、復活のケシャ、そして4月に開催されたEDC JAPANでもヘッドライナーを務めたアクスウェル Λ イングロッソと1日目のマリンステージにも劣らないポップミュージックを楽しめるステージとなりそうです。

いかがでしたか?
ぜひサマーソニック当日はマウンテンステージでのライブを体験してみてください。


SUMMER SONIC 2017
2017年8月19日(土)・20日(日)
東京会場:ZOZOマリンスタジアム&幕張メッセ
大阪会場:舞洲SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)

<関連リンク>
SUMMER SONIC 関連記事
SUMMER SONIC 2017

text:AndMore!編集部

コメントはこちらから

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
  • AndMore!の最新情報をお届けします
  • ツイッターで最速最新情報をお届けします

あわせて読みたい