定番から高コスパ、グランピング向きまで!おすすめテント15選


野外フェスやキャンプなどアウトドアレジャーに欠かせないのがテント。
いざ購入しようと思ってもどれを選んだらいいのか迷ってしますますよね。そんな方のために目的や用途別におすすめのテントをご紹介します。

1. これを買えば間違いなしの定番テント

コールマン タフワイドドームⅣ / 300

迷ったらこれを買っておけば大丈夫な定番テントはやっぱりコールマン。初心者でも設営し易く、天井が高いのでテント内での着替えも楽ちんです。大きな荷物を持ち込む連泊の野外フェスやキャンプでも快適に過ごせます。こちらは定番モデルでは一番大きなサイズで4、5人でもゆったりできる大きさ。

コールマン

コールマン テント タフワイドドームⅣ / 300

  • サイズ:使用時/約300×300×185(h)cm、収納時/約直径25×75cm
  • 重量:約10.6kg
  • 耐水圧:約2,000mm(フロア/約2,000mm)
  • 定員:4~6人

商品レビュー

この値段でこのコスパは最高。オトコ3人でも余裕の広さ。家族なら子供入れて4人も。雨キャンプでも何も問題なく過ごせました。
出典:Amazon

スノーピーク アメニティドームM

こちらも同じく定番のテント。最初に買うテントとして上のタフドームとこの2つで迷う方が多いようです。こちらのほうが高さは低くなりますが、丸みのあるシルエットで強風にも耐えうる設計。前室が広く取られているのでタープが持ち込めない野外フェスのキャンプサイトでも活躍してくれます。

スノーピーク

スノーピーク アメニティドームM

  • サイズ:使用時/505×280×150(h)cm 収納時/74×22×25(h)cm(収納ケース)
  • 重量:8.0kg
  • 耐水圧:フライ/ミニマム値:1,800mm、ボトム/ミニマム値:1,800mm(ウォール部)
  • 定員:5人

商品レビュー

前室が広いので荷物が置けます。つまり室内が広く使えます。想像より広いですよ。
出典:Amazon

2. 価格以上に使えるコスパ最強テント

クオルツ トレックドーム2

クオルツはアウトドアショップ「WILD-1」が展開するオリジナルブランド。良心的な価格で高品質なものが揃っており、こちらのテントもスリーシーズンの登山用テントでなんと1万5千円以下!インナーテントは吊り下げ式なので設営も簡単です。荷物などを含めるとソロ使用がおすすめ。

Qualz

クオルツ トレックドーム2

  • サイズ:使用時/約130×260×105(h)cm、収納時/約Φ16cm×48cm
  • 重量:約2.3kg
  • 耐水圧:フライシート/2,000mm、ボトム/2,000mm
  • 定員:2人

商品レビュー

この価格でこの品質・機能は大変良心的で、掘り出し物だと思います。定価の2ランク上の品質だと確信します。
出典:Amazon

キャンパーズコレクション プロモキャノピーテント5

フェスやワンシーズンに数回のキャンプなどあまり使用する機会のない人におすすめしたいのがこちら。4~5人用テントで1万円以下。あまりに安すぎて心配になるほどですが、耐水もしっかりしており雨キャンプでも浸水の心配はありません。

キャンパーズコレクション

キャンパーズコレクション プロモキャノピーテント5

  • サイズ:使用時/275×435×165(h)cm、収納時/66×23.5×23.5(h)cm
  • 重量:12.8kg
  • 耐水圧:1,000mm
  • 定員:4~5人

商品レビュー

キャンプ中大雨に当たりましたがもちろん防水はOKで高い商品に負けていません。
出典:Amazon

ドッペルギャンガー ワンポールテント T5-47-WH

見た目の可愛さと設営のし易さで近頃人気のワンポールテント。その中でも抜群のコスパを誇るのがドッペルギャンガー。こちらは遮光コーティング施された新作で熱や光が入りにくい設計。キャンプの朝もゆっくり眠ることができそう。

ドッペルギャンガー

ドッペルギャンガー ワンポールテント T5-47-WH

  • サイズ:使用時/334×290×185(h)cm、収納時/52×直径22(h)cm
  • 重量:4.1kg
  • 耐水圧:アウター/2,000mm、フロア/3,000mm
  • 定員:5人

商品レビュー

室内は天井が高いので十分開放的で広さもまずまずなので買って良かったと思います。
出典:Amazon

3. 日帰りフェス、ピクニックでも使いたい日除けテント

43DEGREES ポップアップテント

野外フェスやピクニック、運動会などで役立つ日除け用のポップアップテント。こちらは4人家族でも十分なスペースを確保。フルクローズタイプなので、人目を裂けたい着替えや授乳、おむつ替えも安心。同じプリントパターンでペット用テントもあるのでお揃いで使いたい。

43DEGREES

商品名

  • サイズ:使用時/200×220×130(h)cm、収納時/外径62×厚さ6cm
  • 重量:2.0kg
  • 耐水圧:1,500mm
  • 定員:3~4人
  • 紫外線保護指数UPF50+

商品レビュー

柄は珍しいので子供もすぐ見つけられて目立って凄く良いです!
出典:Amazon

ロゴス サンシェード チェッカー カップルシェード

こちらは2人並んで座れるコンパクトサイズなので場所の限られた野外フェスでも機動力抜群。大きな開口部とメッシュ窓で風の通り道も確保されているので気持ちよくお昼寝できそうです。持ち運びに便利なキャリーバッグ付き。

ロゴス

ロゴス サンシェード チェッカー カップルシェード

  • サイズ:使用時/122×122×95(h)cm、収納時/直径70×高さ3cm
  • 重量:1.7kg
  • 耐水圧:450mm
  • 定員:2人

商品レビュー

子どもの運動会に使いたくて購入しました
お弁当置きにちょうどよかったです
出典:Amazon

4. 耐風、軽さを備えた登山用の本格テント

MSR エリクサー3

かっこいいデザイン、カラーで目を引くエリクサー。軽量ながら丈夫なポールで風にも強い設計になっています。インナーは吊り下げ式で設営も楽ちん、コンパクトながら窮屈さを感じさせません。2人用~4人用まで3サイズをラインナップ。

エリクサー

MSR エリクサー3

  • サイズ:使用時/324×213×104(h)cm、収納時/51×20cm
  • 重量:3.1kg
  • 耐水圧:フライ/1500mm、フロア/3000mm
  • 定員:3人

商品レビュー

3本目のポールがインナーの長辺を持ち上げてる為
圧迫感なく快適に過ごせます。
2か所ある出入り口と前室も使い勝手が良いです。
出典:Amazon

モンベル ステラリッジテント 1型

長年登山家から愛され続けているステラリッジテント。こちらの1型は非常に軽量でザックに収まるコンパクトさが嬉しい。ソロキャンプだけでなく、スペースの限られたフェスのキャンプサイトや仲間とのキャンプでも寝る時は一人がいいという人は大活躍しそう。1人用~4人用、6人用まで5サイズをラインナップ。

ステラリッジテント

モンベル ステラリッジテント 1型

  • サイズ:使用時/210×90×55(h)cm、収納時/13×13×30cm
  • 重量:約1.26kg(ペグ等含む総重量約1.44kg)
  • 耐水圧:フロア&フライシート/1500mm
  • 定員:3人

商品レビュー

オーソドックスなテントですが、さすがに日本のメーカーだけあって信頼できます。
出典:Amazon

5. みんなでわいわい楽しい大人数用テント

キャンパルジャパン(小川キャンパル) ピルツ19

こちらは10人で使える大型テント。ワンポールテントなので天井が高く、室内も広々。ポールや生地もしっかりしているので雨や風でも安心して過ごせます。テント上部は内側から開閉可能になっているので冬場はテント内で薪ストーブを使用できます。

ピルツ

キャンパルジャパン(小川キャンパル) ピルツ19

  • サイズ:使用時/460×460×330(h)cm、収納時/98×30×30cm
  • 重量:幕体/約14.7kg、ポール/約4.7kg
  • 耐水圧:フライ/1,800mm
  • 定員:10人

商品レビュー

大人7人で45l程度のバックパックを7つテント内に入れて使用しましたが、広さ的には問題なく寝ることができました。
やはり1人でも簡単に設営可能でした。
出典:Amazon

グランドキャニオン インディアナ

グランドキャニオンはあの人気ブランド、ノルディスクがプロデュースするセカンドライン。このインディアナはノルディスクのアスガルドと同モデルですが価格は半分以下。素材はポリエステルのため、雨にも強く、重量もノルディスクに比べてかなり軽くなっています。

グランドキャニオン

グランドキャニオン インディアナ

  • サイズ:使用時/400x400x250(h)cm、収納時/77x26cm
  • 重量:9.8kg
  • 耐水圧:3000mm
  • 定員:8人

コールマン スクリーンキャノピージョイントタープⅢ

人数が増えてきたら連結させてみるのも手です。こちらは4面フルメッシュのスクリーンタープ。定番テントで紹介したコールマンのテントと連結が可能です。リビングとして使うもよし、コットや小型のテントを入れて使うもよし、アイデア次第でより快適になるはずです。スノーピークも定番テントと連結できるモデルが有るのでそちらも要チェック。

コールマン

コールマン スクリーンキャノピージョイントタープⅢ

  • サイズ:使用時/約320×340×215((h)cm、収納時/約ø23×82cm
  • 重量:約11.3kg
  • 耐水圧:約1,200mm
  • 定員:4人(目安)

商品レビュー

元々持っていたテントとのジョイントも可能ですし、設営も難しくないので簡単に立てられました。
虫も入ってこないので、夜の食事も楽しかったです。
4人家族ですがサイズ的にも問題有りませんでした。
出典:Amazon

6. グランピングに使いたいおしゃれテント

ノルディスク アスガルド7.1

グランピング施設でも使用されているノルディスクのテント。悪天候にも強く、スタイリッシュなデザインとカラーでキャンプサイトでも存在感を放ちます。ラグやテーブルでおしゃれにテント内をスタイリングしちゃいましょう。3サイズをラインナップ。

ノルディスク

ノルディスク アスガルド7.1

  • サイズ:使用時/300x265x200(h)cm、収納時/97x30cm
  • 重量:15.5kg
  • 耐水圧:フライシート/350mm
  • 定員:3人

コールマン ビラデルマーリバイバル

普通のテントでは物足りない!という人はヴィンテージライクなテントがおすすめ。こちらは1970年代のアメリカで展開されていたモデルを復刻。可愛らしいカラーと大きな窓でそのままお部屋を外に持ってきたようですね。限定販売、完売後再入荷なしとなっているので気になる方はお早めに!

ビラデルマ

コールマン ビラデルマーリバイバル

  • サイズ:使用時/約260×360×240(h)cm、収納時/約89×39×30cm
  • 重量:約29kg
  • 耐水圧:ルーフフライ/1,500㎜
  • 定員:4〜5人

コールマン ILトンネル2ルームハウス/LDX(デニム)

最近人気のトンネル型テントは広いリビングスペースが確保でき、トンネル内なら急な雨でもおしゃれにコーディネートしたリビングを撤収する心配はいりません。その過ごしやすさから各ブランド売り切れが続出中!こちらの人気コラボモデルは現在予約販売となっています。

インディゴレーベル

コールマン ILトンネル2ルームハウス/LDX(デニム)

  • サイズ:使用時/約660×330×200(h)cm、インナー/約300×235×185(h)cm、収納時/約72×31×31cm
  • 重量:約16kg
  • 耐水圧:フライ/2,000㎜、フロア/2,000㎜
  • 定員:4~5人

お気に入りのテントを買えば長く大切に使えます。
ぜひそんなキャンプの相棒を見つけてみて下さい!

2017年 おすすめキャンプフェスまとめ【初心者〜】

text:AndMore!編集部

  • フェスや来日情報お届け中