「Vans Warped Tour Japan」開催決定!第1弾でKORN、PROPHETS OF RAGEら


2018年3月31日(土)・4月1日(日)、千葉・幕張メッセ9〜11ホールにて「Vans Warped Tour Japan 2018 presented by XFLAG」の開催が決定。第1弾出演アーティストが発表されました。

「Vans Warped Tour」はアメリカ最大のパンクロック・フェスティバル。約2ヶ月に渡ってフェス自体がアメリカ各地を回るサーキット・ツアーとして20年以上の歴史があります。兼ねてからアメリカ本土だけではなく、イギリス、メキシコなどでも開催をしてきましたが、来年遂に2日間開催の大規模フェスとして日本に帰ってくることとなりました。

第1弾で発表されたのは3月31日(土)にヘッドライナーKORNLIMP BIZKIT、4月1日(日)にヘッドライナーPROPHETS OF RAGEの3組。

チケットは1月27日(土)より発売。各種チケットの詳細は以下のとおりです。

【チケット詳細】
1日券:¥11,000- / Tシャツ付き  ¥14,000-
2日券:¥19,000- / Tシャツ付き  ¥21,000-
(各税込 / ALL STANDING / 入場時1ドリンク代別途500円必要)

1日券VIP(1日券VIP+VIP特典):¥20,000-(各税込 / ALL STANDING)
<VIP特典>メインステージの専用ビューイングエリアを設置 / Tシャツ付き
※その他特典詳細は後日発表。
※2通し券のVIPはございません。

Warped Tourとは?

ワープトツアーはアメリカ最大のパンクロック・フェスティバル。なんと約2ヶ月に渡ってフェス自体がアメリカ各地を“ツアー”のように周って開催されます。

出演バンドは大御所から新人、そして最近ではジャンルの幅も広く集まっており、これまでもグリーン・デイ、リンキン・パーク、サム41、ブリンク 182、ブラック・アイド・ピーズ、エミネムなどが出演。

また100組以上のバンドだけでなくスケーターやBMXライダーのパフォーマンスやブランドのショップなども並び、音楽とストリートカルチャーが融合した場として、全米のパンクロック好きには欠かせないフェスティバルなのです。

ここ日本ではHi-STANDARDが主催するフェスティバル「AIR JAM」のモデルとなっています。

過去の開催の様子

今年は6月16日のシアトル公演からスタートし38都市を周遊。アメリカ各地で開催されたワープトツアーの様子を公式のインスタグラムで覗いてみましょう。

これまでに出演した日本のアーティスト

日本からこのワープトツアーに参加したアーティストもいるのはご存知ですか?
日本のバンドとして初めて出演を果たしたのはHi-STANDARD。AIR JAMを始めた翌年である1998年に出演しました。最近ではcoldrainが2016年に、One Ok Rockが2014年、Crossfaithが2013年に出演。どのバンドも今では海外公演を行うなどの活躍を見せています。

Coldrain – The War Is On (Vans Warped Tour 2016, ATL)

[LIVE] One Ok Rock – Stuck In The Middle [Vans Warped Tour 2014 – Mountain View]

Crossfaith – Countdown To Hell – 07/17/15 – Toronto Warped Tour (LIVE)

2018年、日本で開催!

WARPED TOUR

過去にはスポットとして日本でも1998年に川崎クラブチッタ、2004年に新木場スタジオコーストで開催されました。そして2018年、再び日本での開催が決定。

追加アーティストなど今後の情報もお見逃しなく!


Vans Warped Tour Japan 2018 presented by XFLAG
2018年3月31日(土)・4月1日(日)
会場:千葉 幕張メッセ国際展示場9~11ホール

<関連リンク>
Vans Warped Tour Japan 2018 presented by XFLAG

text:AndMore!編集部

  • フェスや来日情報お届け中