キャンプの準備もう始めてる?朝霧Jam持ち物リスト!!!


※2017年9月22日 情報を更新しました。

朝霧Jamとは?

朝霧Jam
It’s a beautiful day 〜Camp in 朝霧Jam」は10月7日(土)、8日(日)に朝霧アリーナで開催される野外フェスティバル。
このフェスの魅力は何と言ってもキャンプインできること。会場付近に宿泊施設がないため、参加者のほとんどがキャンプインし、ライブのタイムテーブルは遅くても22時頃には終わるので、夜は仲間とバーベキューをしたり、お酒を飲んだりして楽しみます。

「朝霧Jam 2017」タイムテーブル発表!【ラインナップ】

さらに「場内・オーバーナイト駐車券」と「場外・ふもとっぱらオートキャンプ駐車券」を持っていれば9日(月)までのキャンプが可能になるので、フェスの余韻に浸りながらゆっくり帰ることができます。

キャンプとなるとあれやこれやと持ち物が増えるもの。忘れ物をなくすためにも早めに準備をしておくことをおすすめします。向こうでの過ごしやすさは事前の準備にかかっているといっても過言ではありません!
必需品なアイテムからあったら便利なアイテムまで、これをチェックしておけば怖くない!

朝霧Jam
Photo by Yoshinori Akiyama

持ち歩くもの編

必需品アイテム

✓ チケット
見たことありませんか?忘れた人。明日は我が身!周りで確認し合いましょう。

✓ 財布
中身は必要最低限に。身分証明書、保険証はいれておこう!

✓ 携帯
もともと電波状況はよくない場所です。集合場所など決めておくといいかも。

✓ 防寒着
昼間は晴れていれば半袖でOKなくらい暑いのですがここは富士山の麓、夜はぐんと冷えます。絶対必需品!マウンテンジャケット+αで持っていきましょう。

✓ 雨具
天気の状況に合わせて持って行きましょう。いざという時は防寒着にもなります。

フェス必須アイテム!おすすめポンチョ12選【雨対策】

✓ タオル
✓ ティッシュ
ウェットティッシュがあると手が汚れたりした時に助かります。

✓ イスorレジャーシート
各ステージ芝生で過ごしやすいですが、朝露で濡れていたりするので注意!

✓ モバイルバッテリー
電波が悪いと電池を消耗しやすいので要注意!使わない時は機内モードなどで節電しておくのも手です。

フェス・アウトドア向けから普段用まで!おすすめモバイルバッテリー11選

✓ 携帯灰皿(喫煙者の方)
禁煙スペースは決められていますが特に喫煙所などないのでタバコを吸う方は必須!

あったら便利アイテム

✓ カイロ
夜中はとっても冷えるので背中などに貼っておくと全然違います。これを持っているだけでヒーローになれるアイテム!

カイロ

ホッカイロ 貼る レギュラー 30個

  • 商品サイズ:170×135×130mm
  • 原産国:日本
  • 内容量:30個

商品レビュー

色々な種類が増え安いのを買っていましたが持ちが悪いんです…。
数百円しか変わらないならこちらの方が良い事がわかりました。
出典:Amazon

✓ 水筒
持ってきた飲み物など小分けで持っていけるので便利。やっぱり保温保冷ができるステンレス製がおすすめ。

Hydro Flask

Hydro Flask(ハイドロフラスク) HYDRATION ワイド 18oz

  • 保冷時間:6時間後 8.4度 ※初期温度3.8度
  • 容量:532ml
  • 素材:ステンレス

商品レビュー

保温性に関してはサーモスと同等で良い感じです。口が大きいため大きな氷が入ります。
出典:Amazon

✓ ヘッドライト
ステージ間の道も夜は暗くなります。さらにキャンプインなら必須アイテム。両手が使えるヘッドライトが重宝します。暗い中バーベキューをして何を焼いてるかわからない…なんてことにならないためにも!

ヘッドライト

Litom LEDヘッドライト

  • 明るさ:168ルーメン(白ライトモード、赤ライトモード)
  • 実用点灯時間:ハイ/30時間、ミドル/55時間、ロー/120時間、点滅
  • 使用電池:単4乾電池×3本
  • IPX6防水仕様
  • センサー機能

商品レビュー

明るさも十分だしセンサーなど必要なものは全て付いている
何よりこの安価がすごく魅力的です
非常時用などに1つ持っていても損はないと思いますよ!
出典:Amazon

テントサイトに戻ることが苦でなければ持ち歩くものは必要最低限で良いと思います。フジロックとは違い、身軽そうな人が多いです。

次のページでは必須アイテム〜キャンプ編〜をご紹介!

1 2 3
  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
  • AndMore!の最新情報をお届けします
  • ツイッターで最速最新情報をお届けします

あわせて読みたい