【2018年4月】最新の音楽トレンドをチェック!ライブ動員数ランキング


※公開時のランキングに誤りがあったため訂正いたしました。

2018年4月に開催された数々のライブの会場収容人数を調査し、ライブ動員数をランキング形式で発表!今のライブシーンのトレンドをチェックしてみましょう。
2018年4月度のランキングは、以下の通りです。

順位 アーティスト名 公演数 動員数
1 ONE OK ROCK 7 341,722
2 安室奈美恵 6 327,592
3 KAT-TUN 3 165,000
4 ブルーノ・マーズ 4 148,000
5 NEWS 14 147,693
6 Sexy Zone 11 126,102
7 Nissy(西島隆弘) 2 110,000
8 福山雅治 10 106,000
9 浜崎あゆみ 4 94,000
10 ゆず 2 74,000
10 AKB48 2 74,000
10 MASOCHISTIC ONO BAND 2 74,000
11 横山だいすけ(だいすけお兄さん) 10 72,884
12 WANIMA 5 66,100
13 MISIA 4 66,000
14 エド・シーラン 3 44,942
15 EXILE THE SECOND 3 35,000
16 石川さゆり 24 34,896
17 SKY-HI(日高光啓) 9 33,571
18 モーニング娘。 16 31,004
19 槇原敬之 12 27,541
20 SPYAIR 7 27,206

 

1位は3月31日より初の4大ドームツアー「ONE OK ROCK 2018 AMBITIONS JAPAN DOME TOUR」を開催したONE OK ROCK。全世界ツアーのファイナルとして開催され、4月に行われたのは東京ドームを始めとした7公演。どの公演もチケット争奪戦となる人気ぶりを見せました。

THANKS! FUKUOKA!! photo by @hamanokazushi #oneokrock #ambitions #fukuoka

ONE OK ROCKさん(@oneokrockofficial)がシェアした投稿 –

2位は今年引退を宣言している安室奈美恵。4月はラストドームツアー「namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~」の札幌、大阪公演を行い、残すは5月、6月に行われる東京公演、台湾公演のみとなりました。

3位は約2年の充電期間を経て再始動したKAT-TUN。復活を待ちわびたファンに向かえられ、公演ラストには夏から秋にかけてのツアーも発表。今年は再出発の勢いそのままに走り抜ける年となりそうです。

4位は4年ぶりの来日を果たしたブルーノ・マーズ。『24K・マジック』の大ヒットから、グラミー賞7冠を獲得し世界でも人気沸騰中のタイミングで行われた公演には、国内の多くのアーティストらも足を運んだよう。全4公演、圧倒的なステージングで観客を魅了しました。

Thank You Tokyo!!! 🇯🇵 🎶 🍣 😴

Bruno Marsさん(@brunomars)がシェアした投稿 –

5位は3月21日にニューアルバム「EPCOTIA」をリリースしたNEWS、6位には過去最大規模のツアーを開催中のSexy Zoneがランクイン。

7位は2月から常に上位ランクインしているNissy(西島隆弘)。ソロとして初の東京ドーム2daysはステージ、演出、衣装等、すべてを本人がプロデュース。これまで続いた全国アリーナツアーに幕をおろしました。

8位は「FUKUYAMA MASAHARU WE’RE BROS. TOUR 2018.」を開催中の福山雅治。3年ぶりとなったツアーでは数々のヒット曲を披露。5月には約4年ぶりとなるドーム公演がスタートします。

9位はデビュー20周年を迎えた浜崎あゆみ。立ち止まることなく前進し続けてきた彼女のアニバーサリーツアーはさいたまスーパーアリーナからスタート。7月の大阪公演まで全国を回ります。

10位はさいたまス−パーアリーナで公演を行ったゆず、AKB48、MASOCHISTIC ONO BANDの3組。ゆずはニューアルバム『BIG YELL』を引っさげ、約2年3カ月ぶりとなる全国アリーナツアーが幕開け。今回のライブは異例の「全編写真撮影可」ということでも話題となりました。AKB48はグループ単独としては約2年ぶりとなるワンマンライブ。宮脇咲良・兒玉遥ら兼任が解除されたメンバーはラストのステージとなりました。神谷浩史、小野大輔の人気声優によるエアバンドMASOCHISTIC ONO BANDはデビュー5周年記念ライブを開催。

11位以降にはデビュー20周年記念公演のファイナルを向かえたMISIA、これまでリリースされた楽曲を堪能するツアー「TIME TRAVELING TOUR” 1st. Season」を開催中の槇原敬之などベテランアーティストがランクイン。また、骨折したため延期されていたエド・シーランの来日公演も名を連ねています。

Tokyo by Nic

Ed Sheeranさん(@teddysphotos)がシェアした投稿 –

前月と比べると全体的な動員数がぐんと上がったよう。春以降も多くのアーティストがツアーを予定していますが、フェスシーンが盛り上がる裏ではどんなアーティストがランクインしてくるのでしょうか。来月の発表もお楽しみに!

【2018年3月】最新の音楽トレンドをチェック!ライブ動員数ランキング


※ライブ動員数について
AndMor!編集部が調査した各会場の収容人数からチケット完売を仮定し、算出した推定値となりますので、実際の来場者数とは異なる場合があります。

text:AndMore!編集部

  • ツイッターで最速最新情報をお届けします