開催直前!ライジング・サンの天気をチェック【雨・防寒対策】


いよいよ明日からRISING SUN ROCK FESTIVALが始まります!
昨年は近年稀に見る豪雨だったようですが、今年はどうなるのでしょうか?
気になる天気をチェックしてみましょう。

今年は曇りがちな天気

8月10日(金) 曇一時雨
8月11日(土・祝) 曇のち晴

8月9日14:00発表の天気予報はこちら。

tenki.jpより(8/9 14:00現在)

2日間ともに曇りで日中は比較的過ごしやすそう。しかし、北海道の夏は8月でも夜〜朝方は冷え込みます。昼間は半袖で大丈夫ですが、夜は寒いので防寒着を忘れずに!

また、前日である9日夜も雨の予報となので、地面がぬかるんでいる可能性も。足元は長靴やトレッキングシューズ、汚れてもいい靴で行くことをオススメします。1日目は一時雨の予報が出ているので雨具の用意はマスト。しかし、台風の直撃はなさそうなので一安心です。

11日(土・祝)の夜は晴れの予報なので、翌朝は綺麗な朝日を見られる可能性が高くなっています。ライジング・サンは今年で20周年なので、美しい朝焼けを拝みたいですね!

雨が降ると田んぼのように…

今年はどれくらいの雨量になるかわかりませんが、昨年は豪雨で田んぼ状態だったようです。

キャンプをしていた方はテントが浸水したという声も多数。

会場は砂地で水捌けは悪そう。特に足元は雨対策はしっかりして行きましょう。

昨年の様子はこちら。

野外フェスの醍醐味!田んぼフェスになったライジングまとめ

雨と寒さ対策が重要!

雨が降ると自分が濡れるだけでなく、気温も低下します。防水対策と防寒対策はぬかりなく。

特に夜は寒いので、寒がりの方はヒートテックのインナーやフリース素材のアウター、薄手のダウンなどがあると安心です。寒さに自信がある人も長袖の上着を1枚は持って行くとよさそう。キャンプ泊の人は寝袋も温かいものを。

また、濡れると体力が奪われるので栄養もしっかり取りましょう。ライブをがっつり楽しみたい人は、泥だらけになった時のために着替えやタオルも多めに準備しておきましょう。

<雨&防寒対策グッズ>
✓ 雨具(ポンチョ、レインスーツ、レインハットなど)
✓ 長靴
✓ バックパック用レインカバー
✓ 折りたたみチェア
✓ スマホの防水ケース
✓ ジップロック
✓ ゴミ袋
✓ タオル(多めに)
✓ 着替え
✓ ハンガー
✓ 洗濯ロープorハンギングチェーン
✓ カイロ
✓ 防寒具(マウンテンパーカー、パーカー、ヒートテックなど)
✓ スタッフバッグ(防水バッグ)
✓ マイクロファイバーぞうきん

雨にも負けない!野外フェスにオススメの長靴15選

【雨対策】編集部が厳選した2018年フェスおすすめポンチョ

なお、今年からスタートしたクロークのサービスは、事前のチケット購入が必要です。コインロッカーはないので、クロークを利用しない方は各自で荷物の管理を徹底しましょう。事故や盗難等に注意してください。

今年で開催20周年目を迎えるライジング・サン。体調を崩さないように思いっきり楽しみましょう!


RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO
2018年8月10日(金・祝)・11日(土)
会場:北海道 石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ

<関連リンク>
RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO

text:AndMore!編集部

  • フェスや来日情報お届け中