サマソニ東京・大阪のお天気と対策【熱中症注意!!】


いよいよ今週末開催のサマーソニック2018。
この夏は猛暑に加え、ゲリラ豪雨や台風など不安定になりがちな天気ですが、開催当日の天気はどうなるのでしょうか?

そこで今回はサマソニ東京・大阪両会場の天気を見てみましょう!

東京会場、大阪会場の天気

16日14:00発表の天気予報はこちら。

【東京】
18日(土) 晴
19日(日) 曇時々晴

tenki.jpより(8/16 14:00現在)

東京は両日晴れ間が広がります。気温は30度以下ですが、会場はアスファルトの照り返しもあるため、体感温度はもっと高く感じそう。

【大阪】
18日(土) 晴
19日(日) 晴時々曇

tenki.jpより(8/16 14:00現在)

大阪も両日晴れて暑くなりそう。気温は30度を越す予報ですので熱中症には十分注意してください。紫外線も強そうなので日焼け対策も忘れずに。

両会場とも熱中症に注意!

暑い中ライブで体を動かしたり、ステージ間の移動で汗をかくので、こまめな水分補給を忘れずに。会場内にはオフィシャルバーやポカリスウェットのスポンサーブース、各飲食店など飲み物を購入できるスポットは豊富にあります。いつでも飲めるよう常に飲み物を持ち歩くようにして、うっかり熱中症にならないよう気をつけましょう。

また、屋外は移動だけでも汗だくになりそう。着替えを準備しておくと快適に過ごすことができそうです。

調子が悪いと感じたら無理せず涼しい場所で休んで、水分補給を。東京会場の幕張メッセ内は冷房が効いているので、うまく利用してみてください。大阪会場はソニックステージが室内ステージとなっています。さらにテント、クーラボックスを持込可能なフリーテントエリアがあるので、休憩場所として使用してみるのもおすすめ。

なお、会場内では傘の使用が禁止されているのでもちろん日傘もNG。日焼けしたくない人は帽子や羽織物など、直接陽が当たらないような準備をした方が良さそうです。

夏フェスファッションに欠かせない!2018年おすすめフェス帽子【レディース】【メンズ】

近年フェスの定番グッズとなっているフード付きバスタオルもオフィシャルグッズとして発売していますよ!

SS18フードタオル-キャラ-

ゲリラ豪雨があるかも?

東京・大阪どちらも晴れ予報ですが、最近はゲリラ豪雨の心配も。コンパクトなカッパやポンチョがあると安心です。

【雨対策】編集部が厳選した2018年フェスおすすめポンチョ

ちゃんとした雨具を持っていなくても、サマソニは都市型フェスなので会場へ向かう途中などで調達も可能。100円ショップでも手に入るので、一つカバンに忍ばせておくとよいでしょう。

東京会場は海浜幕張駅前にあるプレナ幕張内に100円ショップ「シルク」が入っていますし、乗り換えで利用する大きな駅も狙い目。
大阪は前売りシャトルバス乗降場であるユニバーサルシティ駅は近隣に100円ショップはないので、乗り換えなどで利用する駅か事前に近所で購入しておいたほうがベター。当日シャトルバス乗降場であるコスモスクエア駅は隣のトレードセンター前駅に「ダイソー」があります。

以上、サマソニの直前天気予報と対策でした。
両会場とにかく体調管理に気をつけて、この夏一番のイベントを最後まで楽しみましょう!

【サマソニ2018】最終持ち物チェックリスト&服装【雨&日焼け対策】

サマソニを全力で楽しむためのファッション特集【夏フェスコーデ】


SUMMER SONIC 2018
2018年8月18日(土)・19日(日)
東京会場:ZOZOマリンスタジアム&幕張メッセ
大阪会場:舞洲サマーソニック大阪特設会場

<関連リンク>
SUMMER SONIC 2018

text:AndMore!編集部

  • ツイッターで最速最新情報をお届けします