【2018年8月】最新の音楽トレンドをチェック!ライブ動員数ランキング


2018年8月に開催された数々のライブの会場収容人数を調査し、ライブ動員数をランキング形式で発表!今のライブシーンのトレンドをチェックしてみましょう。
2018年8月度のランキングは、以下の通りです。

順位 アーティスト名 公演数 動員数
1 King & Prince 18 260,000
2 B’z 6 224,860
3 乃木坂46 4 199,600
4 関ジャニ∞ 3 165,000
4 GENERATIONS 3 165,000
5 E-girls 4 148,000
6 ゆず 7 113,000
7 back number 2 110,000
8 NEWS 2 99,940
9 KAT-TUN 8 90,000
10 After the Rain 2 74,000
10 今市隆二 6 74,000
11 WANIMA 4 71,800
12 横山だいすけ 42 70,148
13 ももいろクローバーZ 2 65,039
14 斉藤和義 4 52,000
15 aiko 7 50,480
16 GLAY 2 50,000
17 長渕剛 6 47,452
18 BLACKPINK 5 47,000
19 iKON 7 46,510
20 ELLEGARDEN 3 41,853

 

今年5月にデビューしたKing & Prince初の全国ツアーが堂々の1位を獲得しました。5都市21公演、26万人を動員予定のこのツアーも、残すところ宮城セキスイハイムアリーナ2公演のみとなりました。

2位には、デビュー30周年を迎えたB’zがランクイン。ベスト選曲で行われる5年ぶりのツアー 「B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-」は7月の沖縄からスタートし、9月の味の素スタジアムまで全国12ヶ所23公演を駆け抜けます。

3位は「乃木坂46 真夏の全国ツアー2018」を行った乃木坂46。8月は、35℃を超える猛暑の中、ヤンマースタジアム長居とナゴヤドームで各2Daysを開催。12月には乃木坂46初となる海外単独公演が上海にて決定しています。

4位は渋谷すばる脱退決定後、初の6人体制でのツアーを行っている関ジャニ∞。京セラドーム大阪での4Daysの予定でしたが、8月23日の公演は台風のため残念ながら中止となりました。中止となった公演は11月17日に振替公演の開催が決定しています。

同じく4位は初のドームツアー「GENERATIONS LIVE TOUR 2018 “UNITED JOURNEY”」を8月5日の東京ドームで締めくくったGENERATIONSがランクイン。10月には通算17枚目のシングル「少年」をリリースすることが決定しています。

5位は「E-girls LIVE TOUR 2018 ~E.G. 11~」のツアーファイナルをさいたまスーパーアリーナで迎えたE-girls。11人体制になってから初のツアーは大盛況のうちに幕を閉じました。

View this post on Instagram

.  FINAL Day 4  #EG11 #Egirls #FINAL #さいたまスーパーアリーナ

E-girls officialさん(@e_girls_official_)がシェアした投稿 –

6位はこちらも4月から続くツアーのファイルを迎えたゆず。8月は追加公演「YUZU ARENA TOUR 2018 BIG YELL Ⅱ〜Great Voyage〜」を横浜、福岡、大阪にて全7公演行いました。10月には、7月に公演が中止となった広島で「YUZU SPECIAL LIVE 2018 BIG YELL x FUTARI in 広島」の開催も決定しています。

7位は初のドームツアー「back number dome tour 2018 “stay with you”」を行っているback number。即日ソールドアウトの東京ドーム2Daysでは、新旧織り交ぜたセットリストで観客を魅了しました。

8位、9位はNEWSKAT-TUNとジャニーズ勢がともにランクイン。NEWSは結成15周年を迎え、味の素スタジアムで野外公演を開催。KAT-TUNはアルバム「CAST」を引っさげてのライブツアーをスタートさせています。

10位には、ニコニコ動画などで活躍しているシンガー/クリエーター‘そらる’と‘まふまふ’によるユニットAfter the Rainがランクイン。さいたまスーパーアリーナにてワンマンライブ「After the Rain さいたまスーパーアリーナ 2018 雨乞いの宴 / 晴乞いの宴」を開催しました。

同じく10位には、初となるソロツアー「RYUJI IMAICHI LIVE TOUR 2018 “LIGHT>DARKNESS”」をスタートさせた三代目 J Soul Brotherの今市隆二がランクイン。8月には今回のソロツアーと連動したコンプリート・アルバムもリリースされています。

View this post on Instagram

#LIGHTDARKNESSTOUR tonight.

Ryuji Imaichiさん(@jsbryuji_official)がシェアした投稿 –

11位以降は、BLACKPINKiKONなどの韓国勢や齋藤和義長渕剛などベテラン勢、夏ならではの野外ライブを開催したaikoGLAYらがランキングを賑わせています。

View this post on Instagram

本日より2日間! 「GLAY ✕ HOKKAIDO 150 GLORIOUS MILLION DOLLAR NIGHT Vol.3」 開催! 昨日は色々な番組の天気予報などで、GLAYの野外ライブを心配して頂きありがとうございました! 無事、台風は温帯低気圧となり強風は免れ、若干の雨模様ではありますが、無事開催されそうで良かったです。 しかも、涼しい。 会場の足元はかなり緩んでると思うので、気を付けてご来場くださいね。 5年振りの函館野外ライブ! 今日は函館山も見れそうなのでひと安心です。 では、皆さん、会場でお会いしましょう! #gmdn #glay #函館野外ライブ2018

TERUさん(@glay__teru)がシェアした投稿 –

そして20位には、5月に突然のツアー告知を行い10年ぶりの復活を果たしたELLEGARDENがランクイン。新木場STUDIO COAST、仙台PIT、ZOZOマリンスタジアムの3カ所で行われたこのツアーは、全公演ELLEGARDENをリスペクトするONE OK ROCKがゲストアーティストとして出演。様々なアーティストに影響を与えたエルレの復活に会場が熱狂の渦に包まれました。

8月は人気アイドルやメジャーアーティストアーティストが安定した活躍を見せました。フェスシーズンも一段落の9月、どのようなアーティストがランクインしてくるのでしょうか。来月のランキングもお楽しみに!

【2018年6月】最新の音楽トレンドをチェック!ライブ動員数ランキング


※ライブ動員数について
AndMore!編集部が調査した各会場の収容人数からチケット完売を仮定し、算出した推定値となりますので、実際の来場者数とは異なる場合があります。

text:AndMore

  • フェスや来日情報お届け中