• 2019/08/07
  • 特集
  • text:AndMore!編集部

歌が上手くなるボイトレ練習方法①母音ごとの発声方法を解説

  • twitter
  • facebook
  • line

「カラオケで思いっきり歌いたい」「もっと魅力的な歌声がほしい」など、歌が上手だったらなあ…と思うことはありませんか?

歌が楽器と違うのは、「歌詞」があることです。歌詞をつけてよく響く声で歌うためには「母音」が基本になります。

一つ一つの母音を正しく響かせることによって、声が深くよく響き歌が生き生きとします。母音の発声方法をマスターすれば、カラオケでもワンランク上の歌声を披露することができますよ。

ボイストレーニング基本の口の開け方

「口を開ける」=「上の歯と下の歯の間を開ける」です。上の歯と下の歯の間を意識して開けてみましょう。

母音ごとの声の出し方

きれいに響くはっきりとした声で、かつ喉に負担をかけずに歌うには、5つの母音をはっきりと発音し分けることが必要になります。

歌うときの母音ごとの発声のしかた

歌うときには母音ごとに「舌根の位置」と「響かせる場所」が変わっています。

「あ」

歌の発声の基本となる母音「あ」です。

次は「い」「う」「え」「お」の発声方法を詳しく紹介していきます。生き生きと響く歌声を手に入れましょう。

歌が上手くなるボイトレ練習方法②喉を傷めない高い音域の発声方法を解説

歌が上手くなるボイトレ練習方法③魅力的な低い声の出し方のコツを紹介

歌が上手くなるボイトレ練習方法④歌の呼吸法を解説