歌が上手くなるボイトレ練習方法⑦表現力の鍛え方を解説

  • twitter
  • facebook
  • line

聴いている人の心に響く歌声とはどのようなものでしょうか。

楽しい歌は楽しく、悲しい歌は悲しく、優しい歌は優しく、激しい歌は激しく、など、「その歌が表現しようとしているものを効果的に表現すること」がそのひとつですね。

どれだけ歌が上手でも、上手なだけでは歌が単調になってしまいます。

今回は、表現力の鍛え方について、

1.何を表現するか
2.技術的にどうやって表現するか

という、2つの観点に分けて解説していきます。

何を表現するか

何を表現するのか?ですが、具体的には、その歌の曲と歌詞が表しているものを表現します。

歌詞をよく読む

「歌詞をよく読んで、何を表しているのかを読み取る」ことは、表現力を鍛える上でよく言われることです。

次は歌詞の読み方、曲の考え方など、具体的な表現力の鍛え方を解説していきます。表現力が身につくとワンランクアップした歌声になりますよ!

歌が上手くなるボイトレ練習方法①母音ごとの発声方法を解説

歌が上手くなるボイトレ練習方法②喉を傷めない高い音域の発声方法を解説

歌が上手くなるボイトレ練習方法③魅力的な低い声の出し方のコツを紹介

歌が上手くなるボイトレ練習方法④歌の呼吸法を解説

歌が上手くなるボイトレ練習方法⑤ブレスの方法を解説

歌が上手くなるボイトレ練習方法⑥歌うために必要な筋肉とトレーニング方法を解説